『リライフ』への提案を行なう新空間

「『リライフ』でもやもやした不満を残さない」では、新生活提案型リフォームを「リライフ」と位置付けましたが、このコンセプトに添った「新しい暮らし方を提案する空間」がオープンしました。

「松下電工汐留ショウルーム」の1Fが、従来の商品を展示するためのスペースではなく、「セカンドステージへステップアップするための新しい暮らし方を提案する」新空間へとリニューアル。今回は、この『リライフ』への提案を行なう新空間を写真と共にご紹介いたします。


1Fエントランスを入り中を覗いたところ。
商品が並んでいる普通のショウルームと違い広々としたスペースに
3種類のコンセプトに基づいたリライフへの提案がなされている。
正面に見える2階建ての空間は「ふたり、ときどき大家族」

このフロアでは、夫婦が程よい距離感を持った家「solo+solo いい関係」、普段は夫婦2人だけれど時々大人数で集まる空間を持った「ふたり、ときどき大家族」、都会の中でペットと人が楽しく暮らす家「もっと、ずっと、ペット」 の3つのテーマで夢のある住まい作りを提案しています。

2回に分けてご紹介する第1回目は「もっと、ずっと、ペット」です。

アウトドアリビングでペットと一緒にカフェ気分

「もっと、ずっと、ペット」では、ペットというより家族の一員として、一緒に楽しく暮らす事ができるような住まい作りを提案しています。

いつも一緒にペットと過ごす為の中庭を中心としたアウトドアリビング、ペットと一緒に楽しむガーデンバス、人もペットも心地よいラフな素材そのままのデザインなど、楽しい空間になっています。




ペットと一緒にカフェ気分でお茶や食事を楽しむスペース。
大きな柱には珊瑚石のタイルでリゾート風のインテリアに。
粗いムク材の傾斜天井は昼間は光を取り入れ、夜は星空を楽しむ。
低い位置を灯りで照らし、落ち着いたくつろぎの空間になっている。



奥の柱にはペット専用水栓を設置
家に入る前に手軽に足を洗うことができる

- P1 -

さて、次のページは、ペットとお風呂を楽しむガーデンバスや、ドラム式洗濯機をビルトインしたタイル貼りのグルーミング用カウンター、ステンレスと天然木を組み合わせたガーデンテーブルキッチンのあるスペースのご紹介です。