ETF/東証に上場するETF(上場投資信託)の特徴

「iシェアーズ フロンティア株ETF」を徹底解剖!(4ページ目)

2013年7月17日に、ETF運用残高で世界最大手である「iシェアーズ」のETFが3銘柄、東証に上場しました。そのなかでも、国内ETFでは初となる「MSCIフロンティア・マーケット100指数」を投資対象とする「iシェアーズ フロンティア株ETF(MSCIフロンティア100)」に注目し、徹底解剖してみました。

大山 弘子

執筆者:大山 弘子

新興国投資・ETFガイド

  • Comment Page Icon

指数の構成国が変更されることも

「MSCIフロンティア・マーケット指数」や「MSCIフロンティア・マーケット100指数」を提供するMSCIでは、投資環境などを考慮し、構成する国や銘柄の入れ替えを行っています。

「MSCIフロンティア・マーケット指数」について言うと、2013年7月25日時点での構成国は、表4の25カ国となっています。
MSCIフロンティア・マーケット指数は25カ国で構成される

MSCIフロンティア・マーケット指数は25カ国で構成される


MSCIでは、2013年11月にモロッコを「MSCIフロンティア・マーケット指数」から「MSCIエマージング・マーケット指数」に、2014年5月にカタールとアラブ首長国連邦を「MSCIフロンティア・マーケット指数」から「MSCIエマージング・マーケット指数」に変更することを発表しています。

「iシェアーズ フロンティア株ETF(MSCIフロンティア100)」の保有上位銘柄を見ると(表5)、カタールやアラブ首長国連邦の銘柄が多いことから、来年5月以降は、上位銘柄の顔ぶれも変わる可能性がありそうです。
保有銘柄上位には中東の銘柄が多い

保有銘柄上位には中東の銘柄が多い


【関連記事をチェック!】
ETFでフロンティア株に投資!
利回り4%超のものも!ETFの分配金に注目
円安で日経平均より上昇しやすいETFは?

【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます