餌やりや握手もできる「ペンギン村」

下関市立しものせき水族館 「海響館」はundefined

下関市立しものせき水族館 「海響館」は 

下関市立しものせき水族館 「海響館」は、下関駅と唐戸地区を結ぶ「あるかぽーと」に2001年、オープンした水族館です。4階建ての館内には、約550種、25000点の海の生き物が展示されています。

下関はフグ(地元では“福”にかけてフクと呼ばれます)が名物で、いたるところでフグモチーフのものを見かけます。「海響館」もフグづくし! フグ目に属する魚を常時100種展示しており、これほどの数を展示しているのは国内外でここのみです。フグ目と言っても様々な形の魚がいて、有名なトラフグをはじめ、カワハギ、ハリセンボンにマンボウなどこれもフグの仲間?と思うような魚がたくさんいてとても面白いです。どのフグの仲間も目がくりっとしていてかわいいですよ。

そして、2010年に新オープンした「ペンギン村」も見どころです。亜南極に生息するジェンツーペンギン、キングペンギン、イワトビペンギン、マカロニペンギンと温帯に生息するフンボルトペンギン、合計5種を展示しています。深さ6mの世界最大級のペンギンプールでは陸上とはまったくイメージが違う素早い動きのペンギンも見ることができます。

■下関市立しものせき水族館 「海響館」
住所:下関市あるかぽーと6番1号
電話番号:083-228-1100
料金:大人2000円、小・中学生900円、幼児400円、3歳未満無料
営業時間:9:30 ~17:30(最終入館 17:00)
公式HP:http://www.kaikyokan.com/

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。