つま先の広がり部分が隣同士ぶつからないように、靴の置き方を交互に

 

 靴の置き方を交互に逆にして置く

 

 子ども用の小さい靴の場合は、二列にしても置くことも


上の写真にもあるように、靴の置き方を交互に逆にしていくことで、つま先の広がり部分が隣同士ぶつからないようにしています。

そうすることで一足分は多めに、もしくはぎゅうぎゅうにならないスリムな収納ができます。

子ども用の小さい靴の場合は、靴の奥行きサイズにもよりますが、14cmくらいのものであれば二列にして置くことができます。

また、見栄えを考えて、サンダルの段とスニーカーの段を分けて収納をするように心がけています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。