フード

便利な反面、注意したいことも。

ペットフードが誕生したことで、動物達との暮らしがより身近なものになりました。その動物達の未来の身体を作るのは日々の食事です。もちろん、市販されているペットフードも”食べ物”です。

なので、保存方法によってはカビが発生してしまったり、劣化してしまうことがあります。ペットフードの質の低下を出来るだけ防ぐ為に、ちょっとしたコツがあります。

おさえておきたい3つのポイント

ペットフードの多くには、保存料や品質保持剤、酸化防止剤などが使用されています。

これらが使われている事で、栄養価のバランスを一定に保ったり、カビなどの発生を避けることが出来ます。また、長持ちしてくれるので、わんちゃんの食生活を管理する飼い主さんにとって、ペットフードはとても便利なものになりました。

ですが、「保存料を使っているから」「酸化防止剤が使われているから」といって、全く劣化しないものではありません。

次のページから、ペットフードの質をなるべく落とさないための、ちょっとしたポイントを3つにわけてお伝えします。