時代とともに英語教材も変化した!

インターネットの普及で飛躍的に変化した英語教育。子どもの英語教育にもこの影響は大きく、子どもたちが手に取る英語教材も近年でかなり変わりました。インターネットのサイトの無料コンテンツでは良質なネイティブ音声を聞くことができますし、手軽に買物できるサイトも山ほどありますね。

今回の記事では、iPadで楽しめる良質な子ども用英語教材をご紹介します。TBSテレビが2000年からスタートしたインターネットの無料英語コンテンツCatChat(キャット・チャット)が現在では様々な展開をしています。その展開の一つであるiPad教材アプリが今回私がご紹介したい内容です。子どもたちが英語に親しめるようなサービスを続けているCat Chatは学校教育現場にも利用されはじめています。
catchat01

CatChatのiPadアプリ。子どもが楽しく遊べそうなコンテンツが豊富。(C)TBS


iPad用に英語あそびコンテンツが豊富になった!

ICT教育(情報教育)の一環でもあるため、小学校の英語授業でもiPadが利用され始めてきています。私が訪問取材した或る私立小学校でも小学校1年生の英語授業で10分間iPadが使われていました。子どもたちが使用していた教材は無料ダウンロードできる海外のアルファベットのソフトでした。子どもたちはiPadを上手に使っていましたよ。
ipad

iPadを上手に使って英語の文字に親しんでいた。

上の写真は、指でなぞって文字を学んでいる実際の小学校でのシーンです。線の色を変えたりできるので子どもが自分の好みで楽しむことができます。外国の無料ソフトですが、シンプルで質も良い内容でした。

遊びながら子どもならではの英語を学べる!

さて、今回の本題であるCatChatのiPad用アプリについてご紹介しましょう。特徴的なのは、「遊ぶ、学ぶ」というスタイルです。
TBS

CatChatえいごあそびを手にするTBSテレビの和田さんと牛田さん。「えいごあそび」についてお話を伺いました。


CatChatのインターネットサイトには「えいたんご劇場」というページがあります。ここにある英単語はすべて子どもの生活に密着したものばかりです。一つの英単語にアニメが作成されていて、子どもが興味をもって観る仕掛けがいっぱい!オチも必ずあり、大笑いして学びながら観ることができます。これはいいですよね。例えば、appleのアニメには単語や文章を聞いてから、ゲームを楽しむように出来ています。本当に良く出来たページだと感心しますね。

iPadアプリの「CatChatえいごあそび」は子どものために選び抜かれた生活単語を使って、フォニックス(音と文字のルール)を意識した楽しい作りになっています。また、かんたんな英会話も学べますよ。

次のページへ。