多くの歴史的人物から崇められた「神の島」、宮島へ

 

 

■広島湾に浮かぶ「宮島」
広島市内から国道2号線を西へ、宮島口からフェリーで渡ります。といっても、車は宮島口の駐車場に入れ、人間だけがフェリーで「宮島」へ渡るのです。

フェリーが「宮島」に近づくと、「厳島神社」の雅やかな社殿や朱塗りの大鳥居が紺青の海と島の自然に見事に調和し平安朝の優雅さを感じさせてくれます。

「宮島」は昔から、「神の島」として崇められ、歴史に名を留める多くの人々が崇敬してきました。

特に、平家清盛をはじめとする平家一門の宮島崇拝は有名で、清盛の出世につれその信仰は年ごとに厚くなり、仁安3年(1168)には、「厳島神社」の社殿の造営まで行っています。

清盛の後も、後白河法皇や高倉上皇などの参詣もあり、「厳島神社」と「宮島」は大いに栄えました

「宮島」のフェリー桟橋から厳島神社への参道には、名物のカキやアナゴが食べられる飲食店が軒を連ねます。

厳島神社参拝の後は、焼きガキや生ガキ、アナゴ丼などに舌鼓を打ちましょう。
 

 

 

 

■国道からそのまま「岩国」へ
「宮島」を出て時間があるようでしたら、そのまま国道2号線を西に進み、岩国にも寄ってみましょう。

ここでは、日本三名橋・日本三奇橋の「錦帯橋」は必見です。錦帯橋は山口県最大の河川である錦川(川幅200m)に架かっている5連の木造橋であり、今から約330年前に造られました。

また、桃山風南蛮造りの白亜の天守が目を引く「岩国城」もぜひ訪れてみましょう。

天守からは、眼下に蛇行した錦川や城下町、遠くに米軍基地や瀬戸の島々を展望できます。

■宮島

住所:広島県廿日市市宮島町1162-18(宮島観光協会)
電話番号:0829-44-2011
HP:www.miyajima.or.jp/

■岩国
住所:山口県岩国市岩国一丁目5-10(岩国市観光協会)
電話番号:0827-41-2037
HP:iwakuni-city.net/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。