快適性と俊敏性を兼ね備えた走り

BMW3シリーズ グランツーリスモ

5ドアハッチバックというのは、欧州では人気が高いものの、日本での人気はいまひとつだが、3シリーズ グランツーリスモの販売の動向はいかに?

2013年6月の発売時点での日本に導入されるバリエーションは、「320i」、「328i」、「335i」のそれぞれについて、スタンダードモデルと、「Sport」、「Modern」、「Luxury」というデザインラインと、「M Sport」というスポーティモデルがラインアップされています。「320i」と「328i」には、スペックを差別化した2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンが搭載され、「335i」には3リッター直列6気筒直噴ターボエンジンが与えられます。

ディーゼルやハイブリッドは設定がありませんが、日本に導入されるセダンでは、直列6気筒エンジン搭載車はハイブリッドのみとなっているところ、グランツーリスモであれば選べる点も特徴です。トランスミッションは、すべて8速ATが組み合わされ、さらに「M Sport」ではシフトパドル等の付くスポーツATとなります。
BMW3シリーズ グランツーリスモ

「320i」系の2リッター直列4気筒ターボエンジンのスペックは、最高出力135kW[184ps]/5000rpm、最大トルク270Nm[27.5kgm]/1250-4500rpm、「328i」系は同180kW[245ps]/5000rpm、350Nm[35.7kgm]/1250-4800rpm、「335i」の3リッター直列6気筒ターボエンジンは同225kW[306ps]/5800rpm、400Nm[40.8kgm]/1200-5000rpm

高性能版の328iに搭載される 2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンは、低回転域でのレスポンスも十分で、踏み込めば痛快な吹け上がりを楽しむことができます。エンジンフィールなめらかさやサウンドではさすがに直列6気筒におよばないものの、動力性能的には十分に満足できるパフォーマンスを備えています。

乗り心地はいたって快適。3シリーズのセダンやツーリングに対して、ホイールベースが拡大されたことが効いてか、やや落ち着いたフィーリングとなっているように感じられ、外乱の影響をあまり受けることなくフラットな姿勢を保ちます。後席についても、前述のように居住性が高いだけでなく、乗り心地もいくぶん快適になっているように感じられます。
BMW3シリーズ グランツーリスモ

わずかにドライバー側に傾斜したインパネのデザインは基本的に3シリーズ共通。アイポイントがやや高くなったことで開放的な視界が得られている。写真は左ハンドルだが、日本導入モデルは全車右ハンドルの設定

それでいて、BMWらしいドライビングプレジャーを満喫させてくれる、俊敏でかつ意のままに操れるハンドリングを持ち合わせています。すべての乗員が快適に過ごせて、たくさん荷物が積めて、ドライバーは走りも満喫できるから、日常を離れて、どこか遠くへ旅に出かけたくなる――3シリーズ グランツーリスモは、そんな雰囲気を持ったクルマです。

ますます多様化するユーザーのニーズに応えようと、このところBMWをはじめドイツの3大プレミアムブランドがいずれも積極的にラインアップのバリエーションを拡大し、こうして新しいモデルを続々と世に送り出しています。輸入車の定番として人気の高い3シリーズに、新しい付加価値を与えた3シリーズ グランツーリスモが、日本のユーザーにどのように受け入れられるのか、興味深いところです。
BMW3シリーズ グランツーリスモ

標準のタイヤサイズは、セダンおよびツーリングよりも1インチずつ大きく、スタンダードが225/55R17、デザインラインが225/50R18となっている。オプションで19インチ仕様も選べる


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。