動画のエンコード、DVD作成など時間がかかる作業

PC

 

これは恐らくそのPCがきちんと動作するものなのか、スペック等の点でどの程度古いものなのか、PCの使用用途、知識、自分のネット環境、持っている周辺機器などの条件によって、人によって活用方法が変わってくる部分が大きいのではないか、と思います。

私が現在メインで使用しているPCは5代目ですが、今までは最初の3代が
  1. 購入店に持ち込み無料で処分してもらった
  2. ネットオークションで売却
  3. パソコンの学習用として妹にあげた
と、活用というより処分でした。

1. 2. の時は活用しようにも部分的に故障していた上、知識がまだ未熟で活用できなかったし、使い切った印象もあったからです。

3. の時はまだ壊れていなかったのですが、タイミング的に妹が欲しがったのであげました。

で現在の一つ前XP機ですが、2006年購入のものでまだ普通に使えます。そのため現在メインで使用している7の予備用として何かあった時代わりに使えるような状態を保っています。

ただその意味での出番は今のところないので、実際のところは動画がたまってきたらエンコード作業用として、またDVDドライブがまだ使用できるので完成した動画をDVDに焼くのに利用しているぐらいです。

動画のエンコードはそれなりの時間がかかりますし、マシンに負荷がかかる作業ですので、一定の役に立ってはいますが、最近は外付けHDDの価格が下がって入手しやすくなり、複数台持っていればエンコなしで保存していけるので、人によってはこの作業を以前よりしなくなった方も多いかもしれません。

そのため誰にでもおすすめというわけではありません。

たぶん質問の意図としては、ホームサーバにするとか、Linux系の軽量OSでリニューアルするとか、HDDが問題ないなら取り出して改造し外付けHDDにするとか、使えるパーツがあれば取り出す、等を訊いていると思います。

ただし自分のPC環境ではホームサーバは必要なし、オープンソースのOSは入れる予定なし、HDDは古くなっていて外付けとして使うには心配、これといって使えるパーツもない、どれもある程度知識が必要、ハード面でパーツの規格が古くなっていたらその点をクリアするやっかいさがある、ということで、現実的には上述の利用しかしていません。

何か考えたこともないような簡単でいいアイデアがあれば活用してみたいとは思っています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。