爽やかにポジティブに問題を乗り越えていく青春映画
「青い山脈」

あらすじ

東北の古い港町の高校に進歩的な考えを持った女子高校生、寺沢新子が転校してくる。ある日新子の元にクラスメイトからと思われる偽のラブレターが送られる。新子に相談を受けた新任教師の島崎雪子はクラスの生徒達を叱り付ける。

しかし保守的な生徒達は、新子が男女共学の高校から転校してきたこと、近所の青年と彼女が親しげに接していることを知り、学校の伝統に反する行為であるとし猛反発する。新子の行動は卑しいものと受け止められてしまったのだ。

やがてこの話題は町全体へと広がり「男女のあり方」を問う大問題に発展。そしてPTA、職員達、町のドンが一堂に会する議論大会が開かれることになった……。

概要

青い山脈と言えば、藤山一郎さんが歌う同名の懐メロとしてよく知られていますが、この曲は映画で元々使われたものです。そして大元は1947年に作家の石坂洋次郎さんによって書かれた小説で、その後5回も映画化されました。本作はその3回目63年版です。

おすすめの理由

この作品は同時代の巨匠達による格調高い名作と並ぶようなものではありませんが、もっと卑近で、今でいう青春ドラマのはしりのような映画です。

当時の地方の高校生達がどういう風なものの考え方をしていたか、などが分かりやすく伝わり、今観ると新鮮に感じられるところ、今と変わらないところ、感覚的にちょっと古く感じるところなど様々あって、なかなか興味深く観られました。

作品のテーマとしては戦後民主主義の中で男女平等の考えがいかに広まっていったか、女性の社会進出といった少し固く小難しいものですが、地方の高校を舞台とし青春や恋愛を通じて描くことで、また青春スターの吉永小百合さん、浜田光夫さんが演じることで爽やかで清々しい青春映画の佳作として成立しています。

また本作はジブリ作品『コクリコ坂から』の制作の折、宮崎吾朗さんが参考になさったことでも知られています。

そう言われてみると古い港町の設定や高校生達がどう民主主義を受け入れたか、など相似点が多く見比べてみるのも面白いかもしれません。

■作品名 『青い山脈』
■監督 西河克己(にしかわ かつみ)』
■主演 吉永小百合 浜田光夫
■商品データ
・DVD発売 有
・販売元 Happinet




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。