タッセル器

タッセル器を使うと、本体に差し込むバーの位置を変えることでいろいろな長さのタッセルが簡単に作れます。

バーの位置で長さを調整。最大11cmのタッセルが作れます

バーの位置で長さを調整。最大11cmのタッセルが作れます



本体の5つの穴は、穴の中心から次の穴の中心までの間隔が2cm、2.5cm、2.5cm、3cmとなっています。

穴の間隔が3cmの位置にバーを差し込んで作った場合は長さ4cmのタッセルが出来ます。

本体の両端の穴にバーを差し込んで作った場合は長さ11cmのタッセルができます。



タッセルを作ってみましょう!


1.糸をまく
長さを選んで糸を巻く

長さを選んで糸を巻く

作りたいタッセルの長さに合わせて2本のバーを立てる。
糸端をテープで本体に固定し、好みのタッセルの太さになるまでバーに糸を巻く。巻き初めと同じ側で糸を切り、巻き終えた糸端をテープで本体に固定する。




2.糸をくくる
糸端ではないほうをくくる

糸端ではないほうをくくる

輪の端をくくるために、新たに糸を必要な長さ(約40cm)に切り、糸は端がない側の輪に通して固結びでくくる。






3.根元をくくる
根元をくくり、糸は片方を長めに

根元をくくり、糸は片方を長めに

テープをはずして2本のバーを抜き、糸の束をタッセル器から外し、くくった位置で半分に折る。根元を巻くために新たに糸を必要な長さに切り、糸端を合わせて巻き始め位置(折山から約2cm下)を固結びでくくる。
くくる糸は、片側を10cmだけ残し、もう一方は長く残しておく。



4.くくり糸を巻く
折山に向かって巻く

折山に向かって巻く

3.で残した糸を、折山にむかって好みの幅(約1.3cm)まで糸の束に巻きつける。








5.留めつける-1
とじ針を使って留めつける

とじ針を使って留めつける

巻きつけた糸にとじ針を通し、巻き終わりの上側の中心に糸を通して引き締め、片側を留めつける。







6.留めつける-2
反対側も同様に

反対側も同様に

反対側も同様に糸を渡して留めつける









7.くくり糸の仕上げ
くくり糸は内側に

くくり糸は内側に

巻きつけたとの内側に糸を通して糸端側に糸を出す。巻きつけた糸がほどけないように所々、接着剤をつける








8.タッセルの仕上げ
長さを揃えてから切るように

長さを揃えてから切るように

輪の内側にはさみを入れて切り離す









9.タッセルの完成!
全体を整えて出来上がり

全体を整えて出来上がり

根元をくくった糸は余分な糸端を切り、タッセルの先端を切りそろえる







【ワンポイントアドバイス】
糸を巻きつける時に、あまりきつく巻き付けないようにしましょう。
きつく巻きつけると、タッセルに撚りが出来てしまいます。



タッセルを使った作品

タッセル器を使用すると、簡単にタッセル作りが楽しめます。

ビーズやチェーンをつけてチャームに

ビーズやチェーンをつけてチャームに



ネックレスのワンポイントやイヤリング・バックチャーム等。
アイデア次第で色々なアイテムとして使用出来ます。

バックチャームでお洒落のワンポイントに

バックチャームでお洒落のワンポイントに


様々な素材でタッセル作りを楽しんで下さい。





【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。