井上順と堺正章がひょうきんに演じる
『ザ・スパイダースの大騒動』

■おすすめの理由
人は恋をするとおかしく……夢中になってしまいます。
その恋する男を、井上順と堺正章がひょうきんに演じます。
ザ・スパイダースという当時とても人気のあったバンドであるこの2人は、コメディセンスにも優れているミュージシャンでもありました。

そのコメディの才能を充分に発揮しており、すっとんきょうな表情からおかしな動きなどを繰りひろげてくれます。バンドのメンバーも、みな日頃からコメディの心得があり、その魅力を発揮しています。女性への好意が、何故か妄想となっていってどんどんと不思議な世界へと迷い込んでいきます。

姿もおかしく、ウエスタンのスタイルで踊る部分も笑えます。
しっかりと明るく楽しい歌も聞かせてくれるミュージカル映画になっていて、40年以上経った現代でも通用するラブコメディでもあります。

少しほろ苦く、当時の若者の愛をミュージカル形式にしている素敵な映画です。
見ものは堺正章のサイケミュージックです。あのテケテケテケという独特なサウンドと共に、堺氏の伸びのある歌声が響いて楽しくなります。

「あの時君は若かった」や「どこで、いつでも」という良い曲が数多く入っているザ・スパイダースのプロモーションビデオのように、思いっきりと見れる映画です。

■ザ・スパイダースの大騒動
監督:森永健次郎
主演:堺正章、井上順
DVD発売元:日活





【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。