偶然出逢った2人の想いは24時間で移り変わるのか?

■作品名
『ジョンとメリー』
■監督
ピーター・イェーツ
■出演
ジョン:ダスティン・ホフマン
メリー:ミア・ファロー

常識もあり真面目に暮らす普通の男女が尋常じゃない出会いをしたら!?
大都会ニューヨークで暮らす、そんな男女の24時間の物語。

朝、目を覚ますとベッドの隣りに知らない女が!!
酒場で意気投合したのは覚えているけど、酔っ払ってて、その後の記憶はない。

内心ドキドキなのに平気な振りをして、彼は朝食を作り、彼女はシャワーを浴びる。

一体彼は、彼女は何者!?
何げに交わす会話から相手の事を探ろうとする2人。

でも、心の中ではお互い別の事を、考えている

彼は終わってしまった恋の事を、
彼女はまだ進行中の辛い恋の事を。

24時間の触れ合いで、偶然出逢った2人の想いはどんなふうに移り変わって行くのだろう!?

ラストで二人が初めて告げるお互いの名前が
「僕はジョン」「私はメリー」

日本風に言えば「太郎と花子」?
教科書にでも載るような当たり前の名前

そう、作者はこの物語を「普通の男女のありふれた話だよ」
とでも言いたいのだろうか?
もしそうだとしたら、こんな出逢いが日常茶飯事だとしたら!
ニューヨーク、カッコ良すぎるぜ!!

ミア・ファーローがとってもキュート!

休日の午後、まったりと過ごしたい時にオススメです!





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。