暑い季節の肩こり対策は涼しく取り組みたい

涼しく過ごしたい夏、肩こり体操は汗をかくから嫌だ!という人も

涼しく過ごしたい夏、肩こり体操は汗をかくから嫌だ! という人も

肩こりは、一年中皆さんの身近にある不調の一つですよね。寒い季節の方が肩こりを感じやすいという人もいれば、夏の暑いさなかに肩こりをひどく感じ、首・肩に力が入りリラックスしにくくなる、といったという人もいます。

肩こりの緩和や予防には、肩こりの筋肉の血流を回復させて柔軟性を取り戻すことができるようにする方法がいくつかありますが、暑い季節にはちょっと気が進まない……という方法が多いと感じることはないでしょうか? というのも、血流促進のためには、結果的に筋肉が温まるように促し、筋肉が緩みリラックス状態にもっていくことが必要になるからです。

そのためには、直接的に筋肉に温かいアイテムを使用したり、体を動かすことで筋肉の温度を上げたりするわけです。じっとり汗をかく季節にさらに暑さを感じることになりそうなことは、極力行いたくない、という意見をよく聞きます。

夏こそしっかり肩こり対策を!

かといって、肩こり予防を何も行わずに夏を過ごす、というのはおすすめできません。というのも、夏の肩こりは、肩こりを感じる理由が寒い季節とは少し異なるためです。何が違うのかというと「エアコン」というキーワードが出てきます。

夏、室内では冷房をつけて暑さをしのごうとしますが、快適な温度を通り越して、冷やし過ぎてしまうケースがとても多いです。ごくたまに短時間であれば、体の影響は少ないとしても、ほぼ1日中オフィスでデスクワークをする人にとっては、体の芯から冷えきってしまうことにもつながります。首・肩のあたりに冷房の風が当たるため、肩こりがひどくなり、頭痛や気持ち悪さを訴える場合もとくに女性には目立ちます。

暑くならない! ワンプッシュストレッチ

暑い夏だからこそ、しっかり肩こり予防をしなくてはなりません。そこで、夏に行っても快適なエクササイズをご紹介します。汗ダラダラになるような方法では継続もなかなか難しいと思いますので、心地良さ重視のストレッチを日常生活の中に取り入れてみましょう。

普段は健康のために役立つという意識は低い「壁」を使います。

■Vの字ストレッチ
壁からの距離はストレッチしやすい位置に調整OK です

壁からの距離はストレッチしやすい位置に調整OK です

1.壁から20cmほど離れて立ち、両腕を挙げて「Vの字」をつくり、そのまま両手を壁に当てます










壁を圧すようなイメージをもつと伸ばしやすいです

壁を圧すようなイメージをもつと伸ばしやすいです

2.顔を床方向へ向けて、腕の付け根と胸部をストレッチします。10秒間ほどストレッチをしてみましょう。顔をあげることで、よりストレッチされますが、肩こりの強い人が顔をあげると首に痛みのでるケースがあるため、少しずつ試してください。

肩こりが強いと、筋肉が伸ばされる際に、多少の痛みを感じるかもしれませんので、初めのうちは無理をしないで様子を見つつ行うようにしてください。




■壁ではなくてもできるストレッチ

前に少し移動するので前後に多少スペースがあった方がよいです

前に少し移動するので前後に多少スペースがあった方がよいです

1.壁、または少しつかまることのできるものがあればOKです。つかまるものは、自分の身長くらいの高さがあればベストです。壁に右手を添えてみましょう。










ストレッチの際は猫背にならないようにしましょう

ストレッチの際は猫背にならないようにしましょう

2.手の位置はそのまま、一歩前に進みます。腕の付け根・胸部が気持ちよい程度に伸ばします。10秒間くらいキープします。手の位置を上にすると、伸ばされる範囲が少し変わりますので、位置を変えながらストレッチを行ってみましょう。







反対側の時は逆向きになり同様にストレッチしましょう

反対側の時は逆向きになり同様にストレッチしましょう

3.反対側も同様に行いましょう。











ご紹介したこれら2つのストレッチは、それぞれ1回ずつでもOKです。時間のあるときは、1度に3回くらいを目安に1日に数回行えるとさらに効果的です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項