不良警察のアクションドラマも観るは日本語
『HAWAII FIVE-0』

サムライブルーも顔負けの美しいブルーの海が広がるハワイ。常夏の島ハワイを舞台に繰り広げられる極悪犯罪に立ち向かうのは、暴力、恐喝、詐欺、と犯罪を解決するためには手段を問わない不良警察チーム「HAWAII FIVE-0」。

アメドラ

不良警察チーム『HAWAII FIVE-0』(C)2012 CBS BROADCASTING INC. ALL RIGHTS RESERVED

本作は、日本語吹き替えだけでなく、英語字幕でも臨場感たっぷりで存分に楽しめる作品。ムキムキな元海軍スティーヴは、英語も日本語もいい感じの肉厚感な声でジャストフィット。

肉厚ボイス×甲高ボイス=アメドラの醍醐味?

吹き替えにしかないお楽しみポイントは、スティーヴの相棒役のダニーです。ニューアーク市警からハワイに住む娘にすぐに会えることだけを理由にハワイ市警に異動してきたダニー。ハワイ流儀に従わず、常夏のハワイでも”NOアロハシャツ”、スーツ姿に革靴スタイルを貫く、真面目で喧嘩っ早い、でも仲間思いで頼りがいのある情熱オトコ。

このダニーは原作では意外とシュッとした二枚目声で演じられているのですが、日本語吹き替えだと、ちょっとお笑いより。甲高くて、声を翻しながらジョークをとばしたりして、私は個人的に日本語吹き替えのほうが、ダニーのキャラに合っていて好きです。ストロングマッスルなスティーヴの肉厚で低い声と、ジョークをまじえたダニーの甲高い声の絡みが非常にアメドラらしくて、「海外ドラマ観ているぞー」って気持ちになれるのです。

原作からではなく、日本語吹き替えで海外ドラマらしさを感じるというのもおかしな話ですが、私たち日本人って、深夜に放送される外国人が商品を紹介するテレフォンショッピング(吹き替え版)的なものをよく目にしていたから、字幕よりも吹き替えのほうが馴染みがあるというか、より「海外ドラマ」感を感じるのかもしれませんね。

■『HAWAII FIVE-0』
http://axn.co.jp/program/hawaii5-0/index_s03.html

シーズン3が「AXNチャンネル」で放送中
シーズン1~2までDVDレンタル中



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。