壷屋焼き体験工房でシーサーが作れる!

 

         沖縄名物・シーサー


■体験プログラムの名称:壷屋焼き体験工房(那覇市伝統工芸館)

壷屋焼(つぼややき)は、那覇市壺屋地区とそこから分かれた読谷村などで焼かれる陶器です。登り窯を中心に、灯油窯やガス窯なども用いながら、伝統の技術と技法を受け継いでいます。

この体験プログラムでは、壷屋焼きのシーサーを始め、お皿などを作ることが出来ます。

那覇市伝統工芸館におけるシーサー作り体験の工程は、下記のとおりです。

  1. 部品づくりからスタート。沖縄本島の中・北部でとれる赤土の粘土を使用します。
  2. 出来上がった部品を、完成予想図を思い描きながら組み立てていきます。
  3. 表情を作って自分だけのシーサーを作ります。ポーズやメガネなどのアイテムもつくることができます。
  4. 出来上がり!

壷屋焼き(シーサー)のほかにも、琉球ガラスや琉球紅型、首里織に琉球漆器まで、いろいろな体験プログラムがあり、それらの中から、お気に入りの体験を選ぶこともできます。


■那覇市伝統工芸館
・HP:http://www.kogeikan.jp/
・住所:沖縄県那覇市牧志3-2-10 てんぶす那覇2F
・電話番号:098-868-7866
・営業時間:1回目 10:00~、2回目 13:00~、3回目 15:00~(定休日:木曜)
・所要時間・料金:
シーサー/120分、3000円
ロクロ成型(皿・コップ等)/60分、3000円
・アクセス:
モノレール/牧志駅(那覇空港から16分)下車徒歩4分、美栄橋駅(那覇空港から14分)下車徒歩6分
バス/那覇市内線「三越前」停留所前、那覇市街線「牧志」停留所徒歩3分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。