沖縄県唯一の伝統的染物「琉球紅型」を作る体験ができる!

 

       琉球紅型を作る体験ができる工房


■体験プログラムの名称:琉球紅型体験工房(那覇市伝統工芸館)


沖縄県の重要文化財にも指定されている「琉球紅型(びんがた)」は、友禅染や江戸小紋と並び称せられる、沖縄県唯一の伝統的染物です。

14~15世紀ごろの琉球王国時代に、インドやジャワ、中国、日本の友禅の影響を受け、沖縄の独特の気候風土のもとで生まれたといわれています。

古くは、琉球王朝での衣装や礼服、舞踊衣装などとして用いられ、その後繁栄と衰退の危機を経て、現在では、沖縄県民の生活の中に脈々と息づいています。


那覇市伝統工芸館における琉球紅型体験の工程は、以下のとおりです。

  1. 配色……モチ米と米ヌカを4対6にまぜた糊を使用。布に好きな色をベタ塗りにします。
  2. 二度ズリ……配色した色と同じ色を重ね塗りします。
  3. 隈取り(ぼかし)……琉球紅型の特徴でもあるぼかし。平面部分に濃い色でメリハリをつけていきます。
  4. 水洗い……3日間寝かせ、裏からアイロンをしっかりあて、50度くらいのお湯につけおきして糊を落とすと完成!


■那覇市伝統工芸館
HP:http://www.kogeikan.jp/
住所:沖縄県那覇市牧志3-2-10 てんぶす那覇2F
電話番号:098-868-7866
営業時間:10:00~11:00、13:00~16:00(定休日:日曜)
所要時間・料金:
トートバック(大)/90~120分、3000円
トートバック(小)/60分、2000円
コースター2枚/60分、1500円
テーブルセンター/90~120分、2500円
アクセス:
モノレール/牧志駅(那覇空港から16分)下車徒歩4分、美栄橋駅(那覇空港から14分)下車徒歩6分
バ ス/那覇市内線「三越前」停留所前、那覇市街線「牧志」停留所徒歩3分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。