季節のお花「ブーゲンビリア」を手作りでプリザーブ加工しましょう

テスト

ブーゲンビリアピンクの鉢複数

園芸店やホームセンターの園芸コーナーでも最近は良く見かけられるようになったブーゲンビリアは、とても簡単にプリザーブドフラワー加工が出来ます。


 

鮮やかな花びらに見える部分は、実は葉が変化したもの。

本文

ミラクルファーム合同会社提供

実際のお花は中央の部分にある小さな白い部分です。 和名はイカダカズラ(筏葛)と呼ばれているように、つる性の樹木です。花に見える部分の包葉の色も、白や紫、橙、黄色、斑入りなどバラエティに富んでいます。




花言葉は、「情熱」「あなたは魅力に満ちている」

本文

ミラクルファーム合同会社提供


 

ブーゲンビリアのプリザーブド加工の手順

本文

着色液にブーゲンビリアを入れる。

1.脱色液に浸ける
一輪、一輪づつお花を切り取っても良いのですが、ここでは容器に入るくらいの量を房で切り取り脱水液に入れます。

脱水時間:6時間から8時間以上

 

 

本文

ブーゲンビリアを脱水液にいれる。

2.着色液に浸ける
ブーゲンビリアは脱水液でお花(実は葉っぱ)
の色が残る事があります。今回も薄くはなりましたが残っているので、着色液クリアに浸けました。

着色時間:8時間から10時間以上

 

 

本文

猫除けの上で乾燥させる。

3.乾燥させて完成
脱色液で軽く洗浄(濯ぐ)した後、ネット等の上で風通し良くして乾燥します。ピンクの色が仄かに残っています。透けた感じも綺麗です。