今回は、子どものための保険として「学資保険」(正式な呼称は「こども保険」)を取り上げます。2013年4月から貯蓄型保険の予定利率が引き下げられた関係で、保険料がアップしています。

学資保険(こども保険)とは?

貯蓄だとつい手をつけてしまうという人は、学資保険を検討しては

貯蓄だとつい手をつけてしまうという人は、学資保険を検討しては

子どもの教育資金を準備するための貯蓄型の商品が、「学資保険(こども保険)」です。入学時などに受け取る祝金(祝金のない商品もあります)と、満期時に受け取る満期保険金が、教育資金のベースになります。祝金は受け取らずに据え置く(保険会社に預けておく)ことも可能です。

契約者である親が万一亡くなった場合は、以後の保険料が免除され、その後の祝金(学資金)や満期保険金は、当初の予定通り受け取れるのも特徴です。ただ、最近の商品には親の保障を外して保険料を抑えたものもあります。子ども自身の死亡保障は、通常は既に払い込んだ保険料程度となっています。

学資保険は「強制積立」できるのがメリット

学資保険は、2013年4月から貯蓄型保険の「予定利率」が引き下げられた関係で、保険料がアップしています。

予定利率とは、入るときに約束される運用利率で、運用益を見込んで保険料を出すため、実際には割引率になっています。そのため、予定利率が下がれば、通常は保険料が上がります。

予定利率が低い時期には、貯蓄型の保険は決して入り時とはいえないのですが、保険料を支払うことで計画的な積立ができる「強制積立」というメリットがある商品です。

商品を絞り込むときには、返戻率(<祝金・満期保険金の合計受取額÷保険料の払込累計額×100>で算出)を比較し、納得できる商品を選ぶことが大切です。

学資保険にはどんな商品がある?商品選びのポイントは?詳しくは次ページ>>>