基本的には100株や1000株など「1単元」ごとに売買

少額から株を始めるのに便利なのが「単元未満株」。証券会社によってサービス名はさまざま

少額から株を始めるのに便利なのが「単元未満株」。証券会社によってサービス名はさまざま

通常、株式市場で株を買うときは、ある程度まとまった株数で行います。これを「1単元」といいます。大半の会社が1単元=1000株や100株です。

例えば株価700円の株を買いたいとき、
  • 1単元が1000株の銘柄は、700円×1000株=70万円の資金が必要
  • 1単元が100株の銘柄は、700円×100株=7万円の資金が必要
これに、各証券会社ごとに定められた手数料が加わります。

このところ1単元を100株とする会社が増えていて、10万円以下で買える銘柄もけっこうあるんです。

1万円あれば株が買える!

さらに低い金額で、例えば予算1万円で株を買ってみたいというときに利用できるのが、「単元未満株」。1単元が100株の銘柄なら、1株から99株(1単元未満)で株数を指定して買うことができます。
  • 例えば株価が700円の株を10株買ったら、700円×10株=7000円あればOK
もちろん1株だけ700円で買うこともできますが、株式の売買には手数料がかかりますから、あまりにも金額が小さいと、買付額に対する手数料の割合が高くなります。予算としては1万円程度を目安にすると、手数料も気にならないのではないでしょうか。

各証券会社の単元未満株の取り扱いと手数料は次の通りです。

プチ株

手数料はインターネット取引の場合


単元未満株でも配当が受け取れる

上記の証券会社の場合、単元未満株は購入した本人の名義となり、配当も持ち分に応じて受け取ることができます。ただし議決権(株主総会で議案に対して賛否を投票する権利)はありません。また、単元株のように指値注文(希望の値段を指定して注文すること)はできず、成行注文(値段を指定しないで注文すること)のみです。手数料は、1万円程度の売買なら50円~105円程度で済みます。

単元未満株のメリットは、少額から株を持つ体験ができること。株価は常に変動していますから、少額といえども自分のお金を投じれば、値動きが気になりますね。どうして上がっているのだろう?下がってしまったのだろう?と考えるきっかけになります。

値上がりすれば、もちろん利益に!値下がりして元本割れも起こりますが、1万円程度の投資なら家計に大きなダメージを与えることもありません。

初めての株式投資や分散投資に

2012年秋からアベノミクス相場で上がってきた日本の株ですが、2013年の5月後半は大きく株価が変動しています。

投資は、みんなが買っているからとか、自分も乗り遅れないようにという発想で行うものではありません。自分なりの考えを持って行うべきです。でも現実問題として、実際に投資してみないと、どんなものだかわからないし、自分なりの考えはなかなか持てないものです。

赤ちゃんが歩き始めるとき、いきなりスタスタとはいきません。立ち上がろうとして尻もちをつき、歩こうとして転び、そうこうしているうちに歩けるようになります。大ケガをしないで投資を知る方法として、少額から利用できる単元未満株は向いていると思います。少額で買ってみて、株は自分には向かないと思ったら、やめればいいのです。

分散投資に利用することもできます。時期を何度かにわけて同じ銘柄で単元未満株を買い付け、いずれ単元株にすることもできますし、異なる銘柄を買ってもいいですね。

数千円~数万円程度で投資体験をしたい人、少しずつ買い付けながら時間をかけて値動きのある資産を増やしていきたい人、単元未満株を利用する方法がありますよ。

※中には1単元が1株の銘柄もあります。その場合は単元未満株の取扱はありません。またそういった銘柄は、1株の株価が高いところが多くなっています。

【関連サイト】
カブドットコム証券 プチ株
マネックス証券 ワン株
SBI証券 S株
野村ネット&コール まめ株

【関連記事】
いくらあれば株式投資を始められるの?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。