「ジムに通って運動しているのになかなか痩せない」「食事制限しているのに効果が出ない」と悩んでいる方、多いのではないでしょうか? 人によっては「年齢も年齢だから」と年のせいにして諦めてしまっている方もいらっしゃるようです。でも、ちょっと待ってください。まだ見直していない生活習慣、ありますよね? 「運動」「食事」と同じように重要な生活習慣が「睡眠」です。お金も節約できて我慢するストレスも無い「眠るだけダイエット」の方法、解禁です!

睡眠ダイエットを成功させる3大ルール

■0~6時の睡眠コアタイムには眠っていること。

ダイエットは正しい眠りから。

ダイエットは正しい眠りから。

理想の睡眠時間には個人差がありますが、一般的には7時間前後が適切な睡眠量といわれています。日が変わる0時までには就寝するように心がけ、毎日の就寝・起床のリズムは一定に保つよう心がけましょう。

 
■就寝1時間前になったらやや暗めの暖色系の照明に切り替えること。

就寝最初の3時間に出現する深い眠りのときに「成長ホルモン」が大量に分泌されます。成長ホルモンには体脂肪や内臓脂肪を分解する働きがあるので、ダイエットにおいてとても重要。しっかりと深い眠りを得るためにも、就寝1時間前になったら明るい光が目に入らないように注意することが必要です。間接照明やアロマキャンドルなどを用いて、心身共に眠りに入る準備を行いましょう。

■「夜食」ではなく「夕食」を摂るようにする。

21時前後に夕食をとる人が多いように見受けられますが、これはあまり褒められる習慣ではありません。食べ物が胃の中に入ると消化器官が活発に動き出すので体の深部体温が上昇します。人間は深部体温が下がったときに眠気が訪れるようなメカニズムなので、遅い時刻に食べることは快眠を妨げる行為そのものなのです。また、遅い時刻に食べるとその後の消費エネルギーが少ないので、余ったエネルギーは全て脂肪として蓄積されてしまい、どんどん理想のボディーは遠のいてしまいます。

運動する時間帯を間違えるとダイエットの大敵に!?

運動は食べすぎ防止にも効果的!

運動は食べすぎ防止にも効果的!

人間には内臓の温度である深部体温が上昇すると覚醒し、低下すると眠くなるという法則があります。あまり知られていませんが、1日の体温は常に一定ではなく、1番低い時間帯が夜中の2~4時、1番高い時間帯は18時~20時、21時以降は体温が少しずつ下降して体が眠りに入る準備を始めるというリズムを刻んでいるのです。

1番体温が高い18時~20時の間に運動を行い更に体温を引き上げておくことで、21時以降に下がる体温との落差を大きくすることが出来、よりスムーズな快眠を促してくれる効果が期待できます。

逆に21時以降の激しい運動は、せっかく下がった体温を無理矢理上昇させることになり逆効果。「運動して疲れているはずなのに眠れない」というお悩みを耳にしますが、これは体温の上昇と交感神経が優位になっていることによって起こっている現象です。運動自体はとても健康と美容において良い習慣なのに、行う時間帯を間違えることで残念な結果になってしまっては勿体ないですよね。

「忙しい人」ほど睡眠ダイエットがお勧め

いい眠りは日中のパフォーマンス力も上げてくれます!

いい眠りは日中のパフォーマンス力も上げてくれます!

目まぐるしく動く現代社会においては非常に多忙な方が多く、「時間が無い」を筆頭にダイエットが妨げられてしまう理由はキリがないほど挙げられます。しかし、そんな方にこそ「睡眠時間」を有効活用していただきたいと常々筆者は願っているのです。今まで気にも留めなかった睡眠時間をちょっと意識するだけで「睡眠時間はダイエットの時間」に変わり、1日24時間をフル活用することが出来ます。

ともすると「睡眠時間が生産性の無い無駄な時間」と思われることが多いのですが、実は真逆。心身の健康と美の土台をつくっているのが睡眠時間だということをぜひ忘れないで、大切に過ごしていただきたいと思います。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。