新米にサツマイモ、栗、マツタケなど、美味しい食材が目白押しの秋は、まさに食欲の秋!夏の暑さで食欲が減退していた人も、冷たいものばかりを摂り過ぎて胃腸が弱っていた人も、秋にはすっかり元気になってモリモリ食べ、気が付けば体重が一気に増加しているなんていうこと、ありませんか?

美味しく旬のものをいただくことは最高の至福ですが、やっぱり体重増加は避けたいところ。秋は「運動の秋」ともいえるので、ダイエットのためにはしっかり日常生活の中に運動を取り入れることが重要になります。

しかし、それだけでは足りません!実は、秋は1年の中でも最も眠りやすい「睡眠の秋」ともいえるシーズンなのです。この時期にしっかり眠れる体づくりに取り組むことで、太らない、そしてリバウンドをしない体をつくり上げることが可能に。ガイドも、正しく眠ることで半年で7kgのダイエットに成功した経験があり、まさに睡眠時間がダイエットの時間であると断言できます!では、寝ている間に痩せる体をつくるための睡眠ルールを3つご紹介します!


秋の睡眠ダイエット1 内臓をマッサージする

丹田に手を置き、お腹の動きを意識してみて!

丹田に手を置き、お腹の動きを意識してみて!

就寝前にはとにかくリラックスしている状態をつくることが睡眠ダイエットにおいて非常に重要になるのですが、ストレスなどで自律神経が乱れているとなかなか上手に心身を解放することができないのです。するとベッドに入ってもなかなか寝付けず、睡眠ダイエットの時間がどんどん削られていってしまいます。

そこで、体をゆっくりマッサージするように、呼吸を行うことで内臓も優しくマッサージするのがおすすめ。お腹のふくらみを意識しながら5秒間かけてゆっくり鼻から息を吸い、6秒間かけてゆっくり口から息を吐き切ります。

このとき、プラスのエネルギーを吸い込んで、悪いエネルギーはデトックスするイメージを思い描きながら行うと良いです!回数の制限はないのですが、できる限り続けることでリラックスの副交感神経が優位になるので入眠がスムーズになります。ぜひ今夜から試してみてくださいね。


秋の睡眠ダイエット2 浮力効果で全身脱力

入浴剤を活用すると、美容効果がさらにアップ!

入浴剤を活用すると、美容効果がさらにアップ!

お風呂には洗浄効果や温め効果以外にも「浮力効果」があり、筋肉の緊張をほぐし、心身をリラックスさせて疲労回復効果を促してくれます。

お湯の温度は40℃程度のぬるめに設定し、全身浴で肩までしっかり浸かると浮力が働き、体が軽くなって体重は約9分の1程度に感じるそうなのです!
1日働き続けた脳もリラックス状態になるので、ストレス軽減にもつながります。

ストレスも疲れも入浴中に洗い流すことが深い眠りを促進し、ダイエットの強力サポーターである成長ホルモンの分泌を後押ししてくれるので、シャワーで済まさずきちんと湯船につかりましょう。


秋の睡眠ダイエット3 「午後3時」には自分を許す

温かい飲み物は満腹感を与えてくれるのでおすすめ。

温かい飲み物は満腹感を与えてくれるのでおすすめ。

人間の60兆個の細胞ひとつひとつに備わる細胞時計遺伝子の一つである「Bmal1」は、「摂取した糖質などを脂肪に変える働き」を持っているため、「肥満遺伝子」といわれることもあります。このBmal1の量は、昼間は少なく夜は増加するなど、時間によって増減するので、同じカロリーのものでも、食べる時間帯によっては脂肪を溜め込みやすい時間帯が発生してしまうということです。

最も分泌量が低いのが午後3時頃。その後少しずつ上昇し、夕方6時を境に夜10時
~深夜2時に最も多くなり、その後朝にかけて再び低下していきます。

ついつい夜に甘いものをドカ食いしてしまうという人は、一気に止めるとストレスからかえってドカ食いに拍車がかかってしまう場合があるので、Bmal1の値が低い午後3時のおやつタイムに食べるように切り替えるところから始めましょう。その後は除々に量を減らし、食べるおやつの内容もヘルシーなものに変えていけば、よりダイエットの効果が期待できますよ!

人生は1度きりなので、なんでも「我慢!我慢!」では楽しめませんよね?ちょっとした工夫を日々の生活に取り入れて、起きている時間も、寝ている時間も賢くダイエットしちゃいましょう!




【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。