大仏、石像、地獄のぞき…パワースポットを満喫

百尺観音

百尺観音像

石切場の絶壁に掘られた「百尺観音」を見れば、「うわー、大きい!」と、子どもでなくてもびっくりします。
「地獄のぞき」と呼ばれるちょっと肝試し的な展望台では、足がすくみ「こわーい」という子もいるでしょう。

「千五百羅漢道」と呼ばれる山道にはたくさんのお地蔵さんが並んでいます。妖精や妖怪が出てきてもおかしくない雰囲気があります。アップダウンの激しい道ですから、子どものペースに合わせてゆっくり進みましょう。いろいろな草木や虫たちとの遭遇も楽しめます。日本寺いちばんの見所は、ご本尊の巨大な大仏です。大仏の前の大仏広場でお弁当を開くことにしましょうか。

地獄のぞき

足がすくむ地獄のぞき

広大な境内の至る所で趣深い観音堂や仏像が見られます。心が洗われ元気になる、まさにパワースポットです。

しかし、そろそろ子どもはお疲れモード。
「パパ、疲れた。おんぶして!」と言われるかも……。子どもをおんぶしながら山寺のアップダウンを歩くのはちょっとつらいですけれど、そんなことができる期間もあっという間に過ぎてしまいます。
子どもはすぐに大きくなってしまいますから、あとになってみればいい思い出ということになるでしょう。

パパの運転するクルマに乗って、帰り道は夢の中……

山道

妖怪でも現れそうな山道

日が暮れる前に退散です。ロープウェイで山を下り、カーフェリーに乗り込みます。フェリー乗り場といっても水の透明度は高く、近くでは地元の人たちが釣りを楽しんでいます。

「時間があったら今度は釣り竿を持ってこようかな」とパパは思うかもしれません。

船上から、潮風に吹かれながら夕日を眺め、久里浜へ。家に向かうクルマの中で、子どもはとうとう寝てしまいました。ハイブリッド車なら、なおのこと車内は静か。おうちに着くまで目覚めないかもしれません。それに、最近ではハイブリッドカーをレンタカーで借りると、帰りにガソリンスタンドに寄って満タンにしなくてもOKというプランがあるのです(トヨタレンタカーのみのサービス)。これを使えば、ほんとうにスマートにおうちまで帰れます。

「え、もうおうち?」
金谷港

のどかな金谷港周辺


まるでタイムスリップでもしたかのように、きょとんとした表情の子ども。デジカメで撮った写真を早速テレビ画面に映し出すと、カーフェリーにロープウェイ、思い出話は尽きません。今日はなかなか寝てくれそうにありません。


【関連記事】
国内旅行を満喫する秘訣って?




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。