目指すは千葉県鋸山「日本寺」

大仏

本尊の大仏

夏だ!ということで、今回は親子での日帰りドライブおでかけにおすすめのスポット、千葉県の鋸山を紹介します。

鋸山には、日本寺という寺があります。約1300年前、聖武天皇の勅詔を受けて、行基菩薩によって開かれた関東最古の勅願所というパワースポット。山道を歩きながら巨大な大仏を見たり、石像を見たり、四季折々の草花や絶景を眺めたりしていると、まるで日本ではないみたい。アジアの遺跡を探検しているような気分が味わえます。夏目漱石や正岡子規も日本寺を訪れ、そのすばらしさを作品の中に綴っているほどです。

子どもを連れて行くにはずいぶん渋いスポットだなとお思いの人も多いでしょう。

なぜここが親子のおでかけにおすすめかというと、目的地までのドライブルートや景色が、子どもにとってはわくわくするようなものばかりだからです。高速道路も通り、フェリーにも乗れて、海も山も楽しめる道を走りますから、道中飽きることはないでしょう。

もちろん電車でも行けないことはありませんが、おすすめはクルマでのアクセスです。目的地まで楽しく話して歌って行ける楽しさ、気が向いたら道の駅などにも寄り道休憩ができる自由さは、クルマならではの魅力です。マイカーがないという人はレンタカーがおすすめ。なかでも、家族みんながゆったり乗れて、車内も静かで会話が弾むハイブリッドレンタカーが便利です。もちろんハイブリッドだから燃費にもやさしくてオトクです。それに、パパがドライバーとしてハンドルを握るだけで子どもはもう「どこに連れてってくれるんだろう!」と大喜びするはずです。

さあ、今からクルマに乗って、都心から鋸山を目指す気分で読み進めてみてください。

カーフェリーで東京湾を横断!

「今日は家族で遠足だ!」
カーフェリー

カーフェリーのデッキ


パパがハンドルを握ります。後部座席にはママと子ども。リュックサックにはお弁当と水筒とおかしをつめて、本当に遠足気分で出発です。
「パパ、アメ食べる?」
子どもがさっそくお菓子に手を付けます。
「ありがとう」
もし親子でレンタカードライブをするのなら、ハイブリッドカーがおすすめ。走行音が静かで、後部座席と運転席の会話もスムーズです。

久里浜港フェリー乗り場に到着。
「ここからお船に乗るんだよ」
「えー!やったー!でもクルマはどうするの?」
「クルマごと船に乗るんだよ」
「えー!そんなことできるの!?」
はじめてのカーフェリー体験に子どもは大興奮すること間違いなし。

クルマごとフェリーに乗り込んだら、約35分間、デッキで海上の旅を楽しみます。船旅なんて普段なかなかできませんからそれだけで貴重な体験です。船に沿って飛んでくるカモメにスナック菓子をあげたりしていると飽きるまもなく対岸の金谷フェリー乗り場に到着します。

ロープウェイ

山麓駅からロープウェイ

クルマに乗って、フェリーから下りれば、鋸山の麓の駐車場まではすぐ! ドライブを楽しみながらクルマを降りたら、そこから先はロープウェイです。これまた子どもは大喜び。ぐんぐん視界が広がって、天空の世界、日本寺に到着です。