安易に消費者金融を使うと人生が一歩後退する

消費者金融やクレジットカードのキャッシングで、安易にお金を借りている人がいます。特に日常の生活費やちょっとした買い物について「まっ、来月に返すから」というようにお金を借りるタイプの人は要注意です。

基本的にお金を借りる、ということは、借りないですむ人と比べて人生を一歩後退しているようなものです。借金すれば、利息がのりますから、高い買い物をすることになります。その返済のために時間がかかり、借金しなかった人よりお金が貯まる道は一歩遠のきます。

しかし、「消費者金融を利用しないことが最良の選択」というのは簡単ですが、「危ないモノには触っちゃいけない」的教育になってしまい、あまりおもしろみがありません。危ないモノを触ってみたいのが人情でもあるからです。

そこでこの問題、逆転の発想、マネーハック的に考えてみたいと思います。つまり「消費者金融の正しい活用法」を考え、そうでないダメな使い方を改めよう、というわけです。さて、マネーハック的に考えるとみつかる、「消費者金融の正しい活用法」とはどんなものでしょうか。

ライトにお金を借りる人はヘビーに苦労する

まず、「消費者金融のダメな利用方法」を先に考えてみましょう。典型的なダメパターンは「日常の生活費が足りないから次の給料日まで借りる」です。

次の給料日にすぐ返せるなら大丈夫、というのが根本的大間違いで、そもそも1ヵ月の収入と支出が赤字状態なのですから、翌月もまた借りることになり、返済はいつまでも実現しません。むしろ、利息分と追加の不足分の借り入れがどんどん積み重なっていきます。ごまかせる限度も30万円くらいで、それ以上になるとボーナスでも精算できないため、返済不可能な負債としてふくらんでいく可能性大です。

次のダメパターンは「大型出費が臨時に生じたので借りてしまう」でしょうか。旅行費用だったり、故障した白物家電だったり、趣味のバンドの楽器であったり、毎月の給与からは支払えない大型出費について消費者金融で借りるのは、たいていうまくいきません。金額が大型である以上、返済の苦労も大きくなります。やはりうまく返せず利息が積み重なる恐れが大です。こういう出費は毎月の積立かボーナスから出すべきです。

いずれにせよ、軽い気持ちでお金を借りるほど、返済の負担は重くのしかかってきます。

つまり「ライトにお金を借りると、返済はヘビーに苦労する」わけです。それでは、上手な消費者金融の使い方なんてあるものでしょうか。

あえて、消費者金融の活用を考えてみると?詳しくは次ページにて>>>