緑の中の白亜のリゾート アマラサンクチュアリリゾート

説明画像

 バラックと呼ばれる植民地時代の英国軍兵舎だった建物をリノベーションした、ラークヒル。宿泊客専用のプールも設けられている

セントーサ島の小高い丘の上にある大人のリゾートがアマラ サンクチュアリ リゾートセントーサ。セントーサの自然の中の3.8ヘクタールもの広大な敷地の中に、ヴィラなどの宿泊施設、レストランやバー、屋外プールに結婚式などができる硝子張りのボールルームなどがゆったりと配されています。どこにいても、木々や花々、蝶や鳥たちが揺らめく豊かな自然を感じられ、自然溢れる敷地内をお散歩していると、ホテルのマスコット的存在の孔雀に出会えることも。アクティビティ満載のリゾートアイランド、セントーサにあって、ここだけはとても静かな空間でした。

植民地時代の建物を利用したラークヒル

説明画像

テラスもあり、自分の別荘のようにくつろげる。もちろんテラスの向こうには美しい緑の庭が広がっている

こちらに宿泊するなら、おすすめは2011年末に新たにオープンしたというラークヒルテラスの客室。白亜のシンガポールらしいコロニアルな建物は、植民地時代にイギリス軍の兵舎として建てられたもので、その後1970年代の終わりから2008年頃までは日曜学校を行なう場所として利用されていたのだとか。

そんな歴史的な建物の厳かな雰囲気はそのままに、客室内は近代的に改装。広々とした庭に囲まれ、テラスから直接ラークヒル宿泊者専用プールを利用できるなど、プライベート感を重視する人には特にオススメですよ。

 

説明画像

夜は緑の中で風を感じながらのバータイム。まさしく大人のリゾート時間です

ホテル内には、レストランやバーはもちろん、2タイプの屋外プールがあり、屋上プールからは東シナ海の絶景を一望。夕景の時間は最高にロマンチックです。それからもうひとつ、このホテルでユニークだな、と思った施設がジム。人口芝生が敷かれていたり、綱引きのような綱があったり、ボクシングマシーンがあったりと、一度は試してみたい個性的な設備があり、オリジナルのプログラムで楽しませてくれます。のんびり、ボーっと過ごすリゾート時間もいいですが、こちらのジム、せっかく宿泊するならぜひ覗いてみてください。楽しく体を動かして、スッキリできるのも大人の癒しのひとつかも?

<DATA>
■AMARA SANCTUARY RESORT SENTOSA
住所:1Larkhill Road,Sentosa Island
TEL:6825-3888(+65)
アクセス:チャンギ国際空港からタクシーで約25分
料金:時期により異なる
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。