電子マネー、クレジットカード、キャッシュカードの機能を一枚に

3つの機能・特典が一体となった「イオンカードセレクト」

3つの機能・特典が一体となった「イオンカードセレクト」

数ある電子マネー「WAON」搭載のクレジットカードの中でも会員の稼働率、年間利用金額ともに高い数値を示しているのが「イオンカードセレクト」です。

年会費無料の同カードは、電子マネー「WAON」に加え、「イオンカード」のクレジットカード、キャッシュカードの「イオンバンクカード」の3つの機能・特典が一体となっています。イオンフィナンシャルサービスも、圧倒的に多くの特典・サービスを受けられるおすすめのカード、と自信を見せています。

給与の受け取りや、公共料金の支払いでもポイントが貯まる

イオン店舗における特典としては、毎月20日、30日に買い物をすると「お客さま感謝デー」として、買い物代金が5%割引、毎月5のつく日(5日・15日・25日)には「お客さまわくわくデー」としてポイントが通常の2倍付与されます。また、WAON加盟店で電子マネー決済を行うことで、200円につき1WAONポイントを貯めることが可能です。

さらに、イオン銀行の口座からWAONのオートチャージを行うと200円ごとに1WAONポイント、イオン銀行の口座を給与振込口座に指定すると毎月10WAONポイントが付与される特典も魅力です。55歳以上の会員に対しては、毎月15日に「G.G感謝デー」として、買い物代金が5%オフになる特典も付帯しています。

グループ外の加盟店での特典やサービスも充実。例えば、毎月10日にクレジットカード決済を行うと、イオンフィナンシャルサービスのポイントプログラムである「ときめきポイント」が通常の2倍貯まります。また、電気・ガス・携帯電話といった各種公共料金をクレジット決済すると1件につき毎月5WAONポイントが手にできます。さらに、Web明細を利用することで、郵送停止1回ごとにときめきポイントを10ポイント獲得できます。

特定の条件を満たした会員には無料でゴールドカードを発行

「イオンカードセレクト」では、カードの累計金額が一定の水準に達したり、イオン銀行の住宅ローンや定期預金に申し込むなど、特定の条件を満たした会員には無料でゴールドカードを発行しているのも特徴となっています。

従来、クレジットカードの審査とイオン銀行の口座開設を別々に行う必要があったため、カードの発行までにそれなりの期間を要していましたが、4月1日からイオンクレジットサービスとイオン銀行がイオンフィナンシャルサービスとして経営統合されたことにより、申し込みからカード発行までが最短一週間に短縮されたそうです。

家庭では、イオン銀行の普通預金・定期預金残高、WAONポイントを表示できるポータルサイト「暮らしのマネーサイト」を併用することで家計管理を行うことも可能になり、さらに利便性が高まるでしょう。

【関連記事】

楽天スーパーポイントが街中の店舗で使えるように!
おサイフケータイでポイントカードを断捨離!


【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。