生きていることの喜びを~ 東日本大震災で被災した東北の動物たちのこと

2012年2月、『ほんとのおおきさ』シリーズの特別編として、『ほんとのおおきさ特別編 元気です! 東北の動物たち』が出版されました。

2011年3月11日の東日本大震災で被災した動物たち。震災後眠れなかったゾウの穏やかな瞳、一度は倒れてしまったけれどおにぎりを食べて元気になったチンパンジーのいきいきとした表情……。子どもならずとも、今生きていることのありがたさや喜びを改めて感じられることでしょう。

表紙カバーの裏は、東北の動物園・水族館マップ。岩手県の盛岡市動物公園、宮城県の仙台市八木山動物公園マリンピア松島水族館、福島県のアクアマリンふくしまなど、大きな被害を受けた動物園や水族館が紹介されています。

また、他の巻と同様の実物大写真と解説のほか、震災時の動物の様子・被害の状況・元気になった現在の様子など、飼育係の方のお話が記載されています。

なお、東日本大震災復興支援企画として、売上金の一部が日本動物園水族館協会を通じて被災した動物園・水族館に寄付されているとのこと。この本の生き物たちが元気でいるのに役立ててもらえたらうれしいですね。

『ほんとのおおきさ』シリーズは、どの図鑑もストレートに生き物の魅力を伝えてきます。生き物が大好きな子へ、これから興味を持たせたい子へ、プレゼントにもおすすめのシリーズです。

次は、現在発売されている『ほんとのおおきさ』シリーズの一覧です >>

-----------
■福田豊文さんのHPはこちら→U.F.P写真事務所 
『ほんとのおおきさ動物園』を撮影された方。たくさんの動物の、迫力ある写真がご覧になれます。

■松橋利光さんのHPはこちら→Home of 松橋利光
『もっと!ほんとのおおきさ動物園』『ほんとのおおきさ水族館』を撮影された方。両生類や爬虫類を中心に主に小動物の、かわいらしくユーモラスな写真がご覧になれます。

■尾崎たまきさんのHPはこちら→うみかぜ日記
『ほんとのおおきさ特別編・元気です! 東北の動物たち』など、シリーズの多くの写真を担当された方。海や陸のギャラリーで、多くの生き物の写真がご覧になれます。

■柏原晃夫さんのブログはこちら→かっしー日記
『ほんとのおおきさ水族館』など、シリーズの多くの絵を担当された方。過去の日記からは、図鑑の中身や作成されたときのお話などをご覧になれます。