生き物たちが目の前に! 臨場感あふれる実物大写真

サイズ比較用写真

最大サイズのページはこんなに大きいのです。子どもたちは大喜び!

1度見たら子どもでなくても忘れられない図鑑があります。それは、『ほんとのおおきさ』シリーズという図鑑。水族館や恐竜博など、様々な種類があります。
『ほんとのおおきさ』シリーズの特徴は、生き物の顔や体を実物大の写真で見せてくれること。

 

元々の本のサイズも見開きで、縦37cm×横53cmと大きいのですが、さらに折り込まれたページを開くとなんと横は95cmにもなります。これは、大人にとってもかなり大きく感じられるサイズで、子どもならずとも思わず声をあげてしまうような迫力があります。

イルカの画像

イルカの顔の一部。肌の質感や優しい目までじっくり観察できます

そんな広がりのあるページに、ドドンと大きく載せられた生き物たち。皮膚の質感や息遣いまでが感じられそうなほどリアルです。動物園や水族館に行っても、ここまで近くでじっくり観察できることはなかなかありません。

また、口の中やウンチなど、子どもたちが大好きなのに通常見ることが難しいものも、心行くまで眺めることができます。


 
とりわけ素晴らしいのは生き物たちの目。表情豊かなその目に子どもたちもグッと惹きつけられ、生き物をますます好きになったり、より興味を持ったりします。

子どもたちがきちんと読み込む解説部分

ティラノサウルスの歯の画像

ティラノサウルスの口の中。子どもの頭がすっぽり入ってしまうのが分かります

さて、この『ほんとのおおきさ』シリーズは、物事を調べるためというよりは、読んで楽しむための図鑑です。

とはいえ、もちろん解説は付いています。そしてその解説、実物大の写真の見事さに隠れてしまいがちですが、シンプルで分かりやすく、しっかり読み込む子どもも多いのです。

その秘密は、解説がかわいらしいイラストで書かれているから! 生き物の名前や特徴・習性など、実際に動物園や水族館を訪れたときに参考になる情報を、マンガのような感覚で読むことができます。


 
ラッコやベルーガの居眠りのまねをしてみたり、恐竜の名前の由来を披露してみたりと、この図鑑で知ったことを一生懸命教えてくれる子が多いのは、それほど、分かりやすく身近に感じられる図鑑だということでしょう。