今回は、千葉県にお住まいのお料理と茶道とテーブルコーディネートが大好きな守岡良佑子(もりおかりょうこ)さん宅の収納を見せて頂きます。

2013年「優しい食空間コンテスト」のテーブルコーディネート部門で優秀賞を受賞され、料理も茶懐石を含む和・洋・中から家庭料理まで幅広いレパートリーをお持ちの守岡さんは、食器やファブリックも沢山お持ちです。それらを戸棚に眠らせないアイディアをご紹介致します。

キッチンその1:見せて収納

カップボード

カップボードにお気に入りの食器を収納

ガラス扉のカップボードはどこに何があるかすぐわかります。お気に入りの食器の数々を収納。ティーテイムの時などすぐに出して使えます。


カップボードのガラス板

カップボードの棚はガラス板

カップボードの棚はガラス板なので、上からも下からも食器が見やすく、選びやすくなっています。










カップコレクション

ヨーロッパの名窯のカップコレクション

カップボードの中には、お客様にお出しする時に使う、お気に入りのコレクションも置いています。実用一辺倒でなく、目に見えるところに美しい食器を飾ることで、豊かな気持ちで毎日を過ごすことができます。