おじいちゃん、おばあちゃんも一緒にバリアフリードライブ旅にGO!

孫が手を差し伸べて車いすに

車いすがあれば足の悪いおばあちゃんも一緒に快適ドライブ♪

急速に高齢化社会となりつつある日本では、昨今、新バリアフリー法をはじめとする法整備も進み、公共の施設や国立公園内にある観光地などを中心に、バリアフリー設備が充実してきました。バリアフリーとは、簡単に言えば「段差がなく、スペースが広いなど、車いすでも利用しやすい設備や道路」ということです。

とくに、NEXCOが管理する高速道路のサービスエリア、パーキングエリアでは、ほぼすべての施設に身障者用駐車スペース、身障者用トイレを備えているので、バリアフリーのトイレ探しに奔走する必要もありません。

足腰が弱くなり、長時間の歩行が困難なお年寄りも車いすがあれば可愛いお孫さんと一緒に、旅行も楽しむことができるでしょう。高齢になると何かと出不精になり気分も沈みがちですが、クルマ+車いす+バリアフリー設備を利用して、どんどん外に連れ出してあげましょう!

どんな移動手段がお勧め?

専用の装置を使って駅の階段を車いすで昇っているシーン

階段の多い駅では専用の装置を使って車いすで移動します。かなり怖そう?

お年寄りが一緒の旅行にベストな移動手段は、近場なら自家用車、遠方なら飛行機+レンタカーといずれもクルマ利用が安全で快適です。空港はバリアフリー設備が整っていますし、各航空会社のスタッフの方々も車いすの扱いに慣れています。また、狭い機内でも使える「アイルチェア」(通路用の車いす)も用意されているので歩くことなく、飛行機の座席まで移動可能です。

新幹線や特急列車など、鉄道のバリアフリー化はまだ十分とは言えません。駅ではそれなりの対応をしてくれますが事前の予約が必要ですし、駅は階段が多く、エレベータのない駅もたくさんあります。列車とホームの間に段差や隙間が大きく開いている場合もあり注意が必要です。

足腰の弱いお年寄りに優しい車とは?

まず、考えるポイントは、お年寄りが乗り降りしやすいか? ということ。車いすを積む場合は荷室のスペースや形状も気になります。さらに、シートベルトについても要チェックです。

車いすの積載を考えると荷室高に余裕のあるミニバンやSUVが良いのですが、日産エルグランドやトヨタアルファードなどのワンボックス系ミニバンはフロア高も高めです(地面から最初に足を乗せる車内の床までの高さ=フロア高が45センチ程度)。小柄で足腰の弱いお年寄りにとって、足を高く上げて乗り込むのはかなりつらいもの。そこで、フロア高は40センチ以下のホンダステップワゴンや、日産セレナ、ミニバンの中でもステーションワゴンタイプのトヨタ・プリウスα、マツダ・プレマシー、さらにセダン並みの乗降性を有するホンダオデッセイなどがおすすめです。

アシストグリップ

アシストグリップを上手に使えば、より安全に乗り降りできます

また、フロア周り、足元だけに注意をするのではなく、ドアの開口部が広い車、アシストグリップなどしっかり握れるものがある車が乗り降りしやすいでしょう。アシストグリップはセダンやステーションワゴンなどの車種では窓の上部分についている場合がほとんどですが、ミニバンやSUVでは、Bピラー(ドアの付け根部分の柱)に装備されている場合もあります。車に乗り慣れていないお年寄りでは、その存在に気づかなかったり、暗い室内ではわかりにくかったり、つかみづらかったりする場合も多いので、アシストグリップの位置や使い方を優しく教えてあげましょう。

後付のアシストグリップ

ヘッドレストの支柱に取り付けて使う汎用タイプのアシストグリップも便利

ちょうどいい場所にアシストグリップがない場合は、Bピラーや前席シートのヘッドレストなど、体重をかけても大丈夫な場所を教えてあげましょう。アシストグリップがないクルマ、あったとしても使いにくい場合は、前席ヘッドレストの支柱や、ドア上部のアシストグリップにつるして使う、つり革タイプの後付グリップを使うのもおすすめです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。