【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

マンネリ気味?

恋人に飽きてない?

恋人に飽きてない?

交際期間が長くなるにつれて、2人の関係はマンネリ気味なんてこともあるでしょう。
そんなとき、あなたはどうしますか?

マンネリ……と聞いて、あなたはどんなイメージを抱きますか?
退屈?情熱の衰退?恋の終わり?

でも、マンネリは悪いことではありません。
そこから始まる関係もあるからです。



「恋のドキドキ」と「愛の安らぎ」

「恋のドキドキ」と「愛の安らぎ」は相反するものです。
2人の関係を長続きさせるためには、「恋のドキドキ」から「愛の安らぎ」にシフトをしていく覚悟が必要なのです。

例えば、現在のパートナーと結婚を考えている人にとっては、ある意味、マンネリは必要なことです。
結婚は恋愛と違って、生活です。
二人が共に社会に立ち向かうためにも、家でドキドキしていたら、生活はできません。

今のパートナーと結婚をすれば、関係は変化していきます。
結婚し、夫と妻になり、子供が生まれたら、お父さん、お母さんになるなど、2人の成長と関係の変化を楽しむことが大切です。

幸せの形は変わっていきます。
いつまでも恋愛初期の「恋のドキドキ」にこだわっていたら、目の前にある幸せを上手に掴めなくなってしまいます。
幸せは変化しながら、確実に目の前にあるものです。
それに気づき、大切にできる人になるためには、自分も変化(成長)していくことが大切なのです。

それでも人生に「恋のドキドキ」を求めるタイプもいるでしょう。
そういう人は、新たなパートナーを探すしかないし、結婚には向いてないタイプとも言えます。
それに気づかずに結婚して、結果、「恋のドキドキ」を求めて不倫に走ったら、周りの人を不幸にしてしまいます。
自分も周りの人も快適に過ごすためには、自分に大切なのはなにか?をきちんと知ることも重要なのです。