鉄欠乏性貧血の検査

多くは血液検査で判ります。

血液検査では、ヘモグロビンが10g/dl以下で貧血と言います。赤血球の大きさが小さくなり、色が薄くなります。それを小球性低色素性と言います。実際の検査項目では、MCVという項目が赤血球の大きさ、MCHとMCHCが赤血球の色を表しますから、MCV、MCH、MCHCの数値が低くなります。

鉄は測定できます。血液中の鉄が50μg/dl以下で、鉄の貯蔵を示すフェリチンが10ng/ml以下で、鉄が不足している状態です。

鉄欠乏性貧血の治療

鉄

魚から肉類まで多くの食材に含まれている鉄です

鉄が不足しているので、食事を含めた鉄の補充が大切です。ただし、出血や感染症など原因に対しての治療も重要になります。

鉄を集中的に投与すれば、鉄欠乏性貧血は改善されます。鉄はできれば、内服で行います。副作用として、嘔気、下痢、黒い便などです。

鉄としては5mg/kg/日を薬として投与します。
ほとんどの人が1週間ぐらいでヘモグロビンが改善されます。

以下の食材を摂るように心がけます。

鉄を多く含む食材は 食材100gに対して
  • ヒジキ        55mg
  • きくらげ     35.2mg
  • 焼のり      11.4mg
  • ごま         9.6mg
  • 大豆        9.4mg
  • ホウレンソウ  2.0mg
  • レバー(豚)   13.0mg
  • 〃(ニワトリ)     9.0mg
  • 〃(牛)            4.0mg
  • アサリ       3.8mg
  • ブリ          1.3mg
  • 牛肉(肩ロース) 1.2mg

など、海藻、豆類、魚、肉類に含まれていますので、子どもの食事に注意しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項