ワイキキのなかでも「衣食住」が充実した注目のエリア

ホクラニ・ワイキキ

地上14階建て、エンターテイメントエリアに誕生する「ホクラニ・ワイキキ」

以前、ハワイのタイムシェア・リゾートで紹介したグランド・ワイキキアンはビーチ沿いのロケーションでしたが、今回の新しい施設「ホクラニ・ワイキキ」は、ヒルトン・グランド・バケーション・クラブのハワイで7番目のタイムシェア・リゾートとして登場します。
場所はカラカウア通りとルアーズ通りの一角、オアフ島一番のエンターテイメントエリアで、世界のブランドブティックや有名レストランがはいって大勢の買い物客を集めるワイキキ・ビーチ・ウォークやDFSギャラリア・ワイキキ、ロイヤルハワイアンセンターなどがすぐ近くという、利便性抜群の立地です。
地上14階建てで、もともとはオハナ・アイランダー・ワイキキ・ホテルでしたが、ヒルトン・グランド・バケーション・クラブが買収。Group 70 lnternational of Honoluluのインテリアデザイナーにより斬新なデザインでリノベーション、新たなタイムシェア・リゾート「ホクラニ・ワイキキ」として生まれ変わるわけです。
ワイキキ・ビーチ・ウォーク

ワイキキのなかでも観光客の注目を集める「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」

先にも紹介したように、オアフ島のなかでも「衣食住」が充実するエリアに位置していることがこの「ホクラニ・ワイキキ」の大きな特徴。ルワーズ通りをまっすぐ300メートルほど歩けばハレクラニホテル、シェラトンワイキキなど高級ホテルが並ぶワイキキビーチです。施設自体がビーチに面しているわけではなく、海を眺めながらゆったり滞在するというより、立地を生かして、もっと買い物や観光、グルメなどアクティブにハワイライフを過ごしたい人に向いています。