三叉神経痛、顔が痛い、神経痛治療薬

どんなに痛くても神経痛は、見ただけでは伝わりません。痛みの強さと性状を的確に伝えることが、大切です

つまずいて膝をすりむくと、ヒリヒリ痛いですよね。ケガで痛みを感じる場合には、これまでの経験によって、傷の大きさや深さからあらかたの痛みの強さを想像することができます。

痛みの強さを伝えるペインスケール

以前、痛みの強さを簡単にお医者さんに伝える方法として、ペインスケールをご紹介しました。(記事:「患者さんの痛みを評価するペインスケール」)

ペインクリニックで最もよく使われるペインスケールは、Visual Analogue Scale(VAS)です。全く痛くない状態を0cmとし、想像できる最悪の痛みを10cmとして、感じる痛みを10cmの直線状にしるしをつけることで、客観的に痛みの強さを伝えることができる方法です。

しかし、見た目に異常がなくても痛みを感じる神経痛の場合には、その痛みの性状や強さ、つらさが伝わりにくいものです。神経痛には、その種類によって特徴的な痛みの感じ方があります。痛みの性質を上手に伝えることで、正しい診断と治療につながると期待されます。

三叉神経痛の痛みを伝える

例えば、三叉(さんさ)神経痛でご説明しましょう。三叉神経痛は、外傷やこれといった原因もなく、突発的に顔面に痛みが起こる病気です。その痛みの性質も様々で、「顔面がえぐられるように痛い」とおっしゃる方もいれば、「顔面のジンジンする痛み」や「電気が走るような痛み」と表現される方もいます。同じ三叉神経痛なのに、その痛みの激しさや感じ方に大きな差があることが特徴です。

「風が当たっても死ぬほど痛い」とおっしゃる患者さんと、「顔がちょっとヒリヒリする」とおっしゃる患者さんでは、治療方針が大きく異なることが想像できますよね。見た目には現れない痛みだからこそ、神経痛を正しく伝えることがとても重要なのです。

神経痛をおこす主な病気

痛みの原因には、4つの種類があります。
1. 皮膚などに傷ができて末梢神経から脳に伝わる痛み
2. 心のストレスから感じる痛み
3. 末梢神経が傷んで感じる痛み
4. 脳やせき髄の中枢性の痛み

このうち3と4が、神経が原因で起こる神経痛です。

■ 末梢神経が傷んで感じる痛み
帯状疱疹後神経痛、糖尿病性ニューロパチー、複合性局所疼痛症候群、三叉神経痛、アルコール性神経障害、ガンによる神経障害、化学療法による神経障害、手術後の傷の疼痛、神経根障害、栄養障害による神経障害など

■ 脳やせき髄の中枢性の痛み

脳卒中後疼痛、外傷性せき髄損傷後疼痛、腰部脊柱管狭窄症による圧迫性せき髄症、パーキンソン病に伴う痛み、脊髄空洞症、虚血性せき髄症、多発性硬化症による痛みなど

神経痛に特徴的な痛みの性質と表現方法

いろいろな病気でおこる神経痛には、それぞれ代表的な痛みの性質があります。痛みの表現方法をご紹介しましょう。
帯状疱疹後神経痛、せき髄損傷後疼痛、糖尿病性ニューロパチー、神経痛

神経痛別に特徴的な痛みの性質があります

全ての痛みの性状が、この表に当てはまるわけではありませんが、その時々で変わる痛みの性状を上手く医師に伝えることで、よりよい治療を受けられる可能性が高まります。ただ「痛い」というだけでなく、どのような痛みが出ているのかを自分で把握して、より的確に現せる言葉で、医師に伝えることが大切です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項