サーチャージ込みで5万円台以下!
リーズナブルなおすすめビーチリゾート

低予算

近場ビーチリゾートの代表格、グアム。各種アクティビティが充実し、短期間でも大満足な旅に(写真/グアム政府観光局)

できるものなら、一円でも安く旅したいのが人情。ここでは、燃油サーチャージ込みで5万円台もしくはそれ以下を目安にした、低予算でいけるビーチを紹介します。あわせて旅行料金をシェイプアップできる狙い目シーズンや裏ワザ的な方法も伝授。気軽に賢く、海外ビーチへ旅しましょ! 

物価が安くツアーも手頃なのはアジアンビーチ

ご近所アジアンビーチは日本のツーリストにとって強い味方! ツアー料金的にも手頃なものが多く、現地の物価も安いので滞在費もかさばりません。自由旅行の場合も、近年はLCC(ロー・コスト・キャリア)が普及し、以前よりもかなりリーズナブルに旅ができるようになりました。パッケージツアーでもLCCを利用した、破格なものも登場しています。

■バリ島(インドネシア)
低予算ビーチ

ハワイと人気を二分するアジアンビーチ、バリ島もツアーの中には破格なものも!

ハワイと人気を二分するアジアきっての人気ビーチ、神々の島・バリ島。リゾートライフにスパやショッピング、グルメにゴルフ、どれも日本よりもグッとお得に楽しめます。ツアーのバリエーションも豊富。日程は4~5日間からあり、燃油サーチャージ込みでも5万円を切る格安ツアーもあります。また、自由旅行の場合も、ロスメン(民宿)が充実しているので、長期滞在したいサーファーやバックパッカーにとってありがたい存在です。

 

■プーケット島(タイ)
低予算ビーチ

タイのビーチの中でもポピュラーなプーケット。中心地はパトンビーチ(タイ国政府観光庁)

”アンダマン海の真珠”と呼ばれる、タイを代表するビーチリゾート、プーケット。こちらも物価が安いので、タイ式マッサージや雑貨ショッピング、象トレッキングなど、思いっきり遊びたいところ。ツアーは4日間からあり、燃油サーチャージ別で3万円台から(込みでも5万円台)。賑やかなパトンビーチに滞在するものが多いようです。自由旅行ならばパトンビーチやカタビーチにバジェットホテルもあります。

 

■セブ島(フィリピン)
低予算ビーチ

フィリピンのおなじみビーチ、セブ。海遊びやリゾートライフを中心とした滞在に

日本から約5時間で行けるフィリピンのセブ州のマクタン島。スケジュールは短期間が多く、初心者でも安心の日本語スタッフ常駐ホテルでも、破格のツアーがお目見えすることも。ツアー料金は燃油サーチャージ別で2万円台から。セブでのアクティビティは海が中心。ダイビングや各種マリンスポーツ、アイランド・ホッピングなど、海遊びをたっぷり満喫しましょう。セブ島へ足を伸ばせば、ゴルフやカジノなども。

 

■ペナン島(マレーシア)
低予算ビーチ

マレーシアの老舗リゾート、ペナン島。ビーチエリアはバツー・フェリンギ(写真/マレーシア政府観光局)

クアラルンプールやシンガポールからアクセスするペナン島。18世紀後半に英国領だった面影がジョージタウンのコロニアルな建築様式にうかがえ、中国やマレーの文化も混じり合った歴史的な町並みが世界遺産にも。ビーチリゾートは島の北側、バツー・フェリンギ周辺。ビーチでのんびりした後は、玉石混交なナイトマーケットへ。物価が安く、滞在費もおさえられます。ツアー料金は燃油サーチャージ別で4万円台からが目安。自由旅行でLCCを利用する方法もアリでしょう。

 

■コタキナバル(マレーシア)
低予算ビーチ

コタキナバルはマレーシアのボルネオ島最大の都市。街からボートで10~15分走れば、美しい海が広がるトゥンク・アブドゥル・ラーマン国立公園へ

マレーシアのボルネオ島側、サバ州都コタキナバル。オランウータンの暮らす森へ訪れたり、街からボートでわずか10~15分のトゥンク・アブドゥル・ラーマン国立公園へアイランド・ホッピングに出かけたり、自然を舞台にしたアクティビティを。足を伸ばして東南アジア最高峰のキナバル山やホタルの木を見物する川下りに参加するのもオススメ。ツアー料金は燃油サーチャージ別で4万円台からが目安。LCCを利用して、自由旅行で訪れるのも一案。