短期間でちゃちゃっと行けるグアム&サイパン

■グアム
低予算ビーチ

近場ビーチの王道、グアム。穴場や静かなビーチもあります(写真/グアム政府観光局)

日本から直行便なら約3時間30分で行けるグアム。ツアーの中には燃油サーチャージ込みで2万円を切るものも。近場だからと侮りがちですが、海はミクロネシア特有の透明度の高さを誇っています。ショッピングやウォーターパーク、ゴルフに各種マリンスポーツなど、島丸ごとテーマパークのように楽しいことが満載! 物価は日本とあまり変わりはありませんが、輸入品に関税のかからないフリーポート&アメリカ準州のため州税がないのが魅力です。ただし、店舗によっては売上税(GRT)6%が課せられることもあるので、ご確認を。

 

■サイパン
低予算ビーチ

サイパンでも各種アクティビティが楽しめます。沖に浮かぶマニャガハ島はマリンスポーツ基地のよう(写真/マリアナ政府観光局)

グアム同様、日本から約3時間30分で行ける海外ビーチ、サイパン。グアムに比べると、南の島らしいのんびりとした空気感が心地いい島です。とはいえ、DFSギャラリア サイパンやキッズウェルカムなレストラン、ウォーターパークに各種マリンスポーツ、ゴルフなど、バカンスのハイライトとなるお楽しみは抜かりなし。ツアーには3~4日間からあり、燃油サーチャージ込みで2万円台から。気軽に旅立ち、リフレッシュするには格好の島でしょう。

 

狙い目のボトムシーズンはいつ?

ツアー料金は毎年同じ時期に変動します。つまり、長期休暇が取れる時期は当然ながらツアー料金の高いピークシーズン、その盛り上がりの前後にボトムシーズンやショルダーシーズン(ピークシーズンよりも控えめ)があります。

具体的には、ピークシーズンは年末年始やゴールデンウィーク、夏季休暇の取れる7~8月。一年でいちばん価格が下がるボトムシーズンは、12月1~20日ごろ。12月10日までならば、必ずやお値打ちツアーが見つかるはず。年末年始の旅に出かける分、この時期は人の動きが少ないからでしょう。また、正月明け早々も比較的ボトムシーズンです。

次の狙い目は4~5月(ただし、ゴールデンウィークを除く)。こちらもゴールデンウィークを前にしての待機シーズン(!?)だからでしょう。ショルダーシーズンは2~3月、6月、10~11月。ただし1月末から2月中旬にかけては旧暦の正月のため、予約がなかなか取れないこともあります。逆に10~11月は三連休の多い時期なので、近場ビーチへ旅するには好都合ですね。

旅先が決まっていないなら、直前ツアーもアリ

低予算ビーチ

憧れのカリブ海、メキシコのカンクンも旅行会社のキャンペーンなどで10万円を切ることが!

エイビーロードネットやエクスペディアなどの旅行予約サイトで見かけるのが、叩き売りのような価格の「直前ツアー」。おそらく、ゼロよりはマシ的な理由からでしょう。お目当ての旅先やホテルが見つかれば、もうけモンです。

また、旅行会社や航空会社のキャンペーンも狙い目。たまに憧れのモルディブやメキシコのカンクンが10万円台前半、タイミングがよければ10万円を切ることも! どこか行きたい場所がまだ決まっていないのなら、旅先の候補探しにそうしたサイトをチェックしてみるのもいいでしょう。

※ツアー料金の目安は2013年4月に調べた、2013年5月出発のものです。時期により料金の変動が生じる場合があります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。