バンテアイスレイ・サムレ&伝統村訪問半日ツアー

バンテアイスレイ寺院

バンテアイスレイ寺院

アンコールワットから車で約1時間、北東に走ったところに静かに佇むバンテアイスレイ寺院をメインの訪問スポットとする、午前中半日のツアーです。交通の便のよくないところにあるため、ツアーを利用するのが楽な訪問方法です。

バンテアイスレイ寺院は、女の砦という意味をもっています。アンコール・ワットのような壮麗さはなく、小規模ですが極めて格調の高い姿をしています。

薄赤色の砂岩には、稠密で精巧なレリーフや装飾が施されています。寺院の壁面のいたる所に刻まれたヒンドゥー教の女神、デヴァターのレリーフは、「東洋のモナリザ」と賞讃されています。胸を露わに出し、艶めかしく曲げた腰のラインには、男性であれば心惹かれる思いとなってしまうことでしょう。

シェムリアップとバンテアイスレイ寺院を往復する道中では、ヤシ砂糖作りを見学したり、カンボジアの伝統民家の外から見学したりできます。昔ながらの穏やかな暮らしぶりに心が和んできます。

また、希望すればかつてのポル・ポト政権下でカンボジア全土にばら撒かれた地雷を展示するアキラ地雷博物館に立ち寄ることもできます。

<ツアー概要>
取扱会社:スケッチトラベルカンボジア
催行日:日・ 火・ 木・ 土曜日
ガイド:日本語
訪問スポット:バンテアイスレイ,アキラ地雷博物館,バンテアイサムレ
所要時間:約4時間(8:00スタート)
出発場所:各ホテルまたは指定集合場所
食事:なし
料金:US$20.00(2013年3月現在)
HP:https://www.alan1.net/jp/asia/cambodia/sg/2419/ag/10661/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。