ソウル市内の夜景が一望できる 「Nソウルタワー」

Nソウルタワー

Nソウルタワー

ソウルに来た!と実感するのはソウルタワーが見えたとき。そんな街のシンボル「Nソウルタワー」はお昼の眺めもいいですが、夜景の美しさも評判です。

Nソウルタワーは韓国で最初にできたタワー型観光スポット。高さは236.7m。海抜243mの南山の頂上に立ち、480mの位置からソウル市街が一望できます。完成は1975年。1980年から展望台が一般に開放され、ソウルの名所に加わりました。2005年にリニューアルし、モダンできれいな姿に変身。Nソウルタワーの“N”とは「南山(ナムサン)」と「NEW」のNなんだそうです。

紹介しているツアーは、明洞のロッテホテルに集合し、日本語ガイドさんと一緒にタワーまで行くもの。Nソウルタワー入場料(9000ウォン)も含みます。ケーブルカー(8000ウォン)や路線バスなどで行く方法もありますが、場所は山の上、しかも夜なのでツアーが何かと安心だと思います。

Nソウルタワーから眺めるソウルの夜景はとてもきれいです。明洞や市庁方面のにぎわいもよくわかりますし、南を向けば漢江に映る光もとても美しいです。タイミングが良ければ盤浦大橋の噴水なども見られると思います。

■格安!Nソウルタワー夜景ナイトツアー
取扱会社:ツアーコリア
HP: http://www.alan1.net/jp/asia/korea/sg/2531/ag/11728/

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。