魅力的なリンダーホフ城とオーバーアマガウに行く

 

        ドイツアルプスの森の中にたたずむリンダーホフ城


ドイツアルプスの森の中にあるリンダーホフ城と、美しいフレスコ画が家々の壁に描かれている村、オーバーアマガウ。この魅力的な2ヶ所を訪ねる、ミュンヘン発着の1日ツアーです。催行は5~10月となっています。

リンダーホフ城は、ドイツアルプスの森の中にたたずむ城です。城の背後にはアルプスの山並み、城の正面には見事な庭園が広がっていて、その美しさはまるで一枚の絵画を見ているようです。

城を建設したのはルートヴィッヒ2世。19世紀後半に、ヴェルサイユ宮殿内のトリアノン宮殿を手本に、ルネサンス様式で建てられました。ルートヴィッヒ2世は、有名なノイシュバンシュタイン城など複数の城を建設しましたが、唯一完成をみたのは、このリンダーホフ城だけでした。完成後、ルートヴィッヒ2世はここで長い期間すごしたそうです。

ガイドツアーのみで見学できる城の内部は、ロココ様式の絢爛豪華な装飾にあふれています。庭園内には金色の女神像の噴水や、人工の鍾乳洞の洞窟「ヴィーナスの洞窟」、「ムーア風のキオスク」といった施設があり、こちらも見逃せません。

城の次に向かうのはオーバーアマガウの村。この村はのどかな高原リゾート地で、10年に一度、村人たちが総出で上演する「キリスト受難劇」で知られています。

村を歩いていると、多くの民家にフレスコ画の壁絵が描かれていることに気づきます。壁絵は一軒一軒違っていて、花模様や、宗教画、童話の一場面がモチーフ。見て歩いていると時間を忘れてしまいそうです。

オーバーアマガウ名物の木彫り人形の店もありますので、お土産にいかがでしょうか。

<DATA>
■リンダーホフ城とオーバーアマガウ日帰り観光ツアー
取扱会社:グレイライン (Autobus Oberbayern)
ホームページ(Alan1.net):リンダーホフ城とオーバーアマガウ日帰り観光ツアー

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。