白い石と大きな山とグルメの街、アレキパ

アレキパ

アレキパ

ペルー旅行と言うと真っ先に浮かぶのがやはりマチュピチュですよね。でも実は、マチュピチュ以外にも素敵な場所があるのです。私のオススメは、南部の街、Arequipa(アレキパ)。

首都リマから直行便で約1時間半のところにある街は、大きな大きな二つの山(チャチャニ:標高6075M、ミスティ:標高5821M)に見守られるように佇んでいます。空港に降り立つと、目前にデーンとそびえるこの巨山は、本当に圧倒的。南米の富士山との別名もあるそうです。

街を歩くと、白い石で出来た建物が多いことに気付きます。そう、ここは別名「白い街」と呼ばれていて、この地でとれる石灰岩をふんだんに建築物に使っているのです。サン・ラザロ地区という、市内でもより多くの白い家が密集している地域があって、そこは本当に素敵! ヨーロッパのどこかの街のようなおしゃれな雰囲気があり、ついモデル撮影会でも開きたくなるような気分になるエリアです。

この街を訪れるならぜひ見ておきたい施設が二つ。まずは、美少女ミイラのフワニータです。インカ帝国の時代に、火山の噴火を収めるためにと子供のいけにえを山に捧げたそうなんですが、その中でも保存状態が極めて良かったのが、このフワニータ嬢なんだそうです。特殊なカプセルの中で今も低温保存されている彼女は非常に神秘的な存在。英語ガイドが付いて説明してくれます。

さてもう一つの必見ポイントが、修道院。サンタ・カタリナ修道院は、ペルーでもちょっと珍しいタイプの修道院だそう。裕福な家庭の子女がここに送られ(だいたい三女だったそう)、壁の向こうに一切出ることなく、この敷地内だけで暮らしていたのだそうです。

館内は、ほんの数十年前まで現役で使われていただけになかなかリアリティがあり、興味深いのです。とても広く、こちらは赤い壁が印象的な建物なので、これまた写真撮影が楽しい場所。

食事の場所にも事欠きません。海の幸、山の幸を豊富に取り入れたペルー料理はどれも非常に美味しく、日本人の口に会います。

アレキパへのツアーは、ペルーの日系旅行代理店などに相談すると良いでしょう。

◆アレキパ市の公式サイト
http://www.arequipa.org/index.htm
◆ナオツール(ペルーの日系代理店)
http://www.naotour.com/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。