ペルーの古代文明
サクサイワマンの遺跡

サクサイワマンの遺跡

サクサイワマンの遺跡

いまも多くの謎を残す古代インカ帝国。その都だったのが、クスコです。現在でもクスコはペルー有数の都市で、首都リマから飛行機で訪れることができます。

クスコの市街は、世界遺産に登録されている見どころの多い古都。しかしクスコまで来たなら、周辺にあるミステリアスな巨大遺跡もめぐりたいものです。このツアーでは、クスコ近郊の主要な巨大遺跡群を、半日でめぐることができます。

まず向かうのは、タンボ・マチャイ。石組みで階段状に作られた沐浴場があるのが特徴ですが、その水源がいまだに明らかになっていないという、神秘の遺跡です。

次にケンコー遺跡を訪れます。ここでは宗教儀式が行われていたようで、中央に生け贄の祭壇があります。

次に行くのはサクサイワマンの遺跡。四角い巨石を積み上げた見事な遺跡ですが、当時は城砦だったのか、宗教施設として使われていたのか、いまだにわかっていないようです。ここでは現在でも年に一度、6月24日に「インティ・ライミ(太陽の祭り)」という祭りが行われています。
この遺跡からはクスコ市街を一望にできるので、その眺めも満喫してください。

最後に行くのはプカ・プカラ塔。タンボ・マチャイで沐浴するインカ王の見張りを、この場所で行っていたと考えられているそうです。

■取扱会社:グレイライン・ペルー
URL:http://www.alan1.net/jp/samerica/peru/sg/2942/ag/17443/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。