HOUSE VISION 2013
日本のキッチンの未来が見えてくる

3月2日から24日までお台場・青海駅前 特設会場においてHOUSE VISION 2013が開催中だ。
会場は多分野から参加した企業と建築家とのコラボレーションで作られた7つのエキジビションハウスで構成され、これからの住まいのあり方に様々なかたちが提案されている。
展覧会ディレクターはデザイナー「原研哉」、企画コーディネーターは建築家「土屋貞雄」が担当。
会場構成は建築家「隈研吾」。105角の杉材をできるだけ加工しないで生かしたウッドデッキが目に入る。この杉材は展覧会終了後福島県川内村で橋や建築に生まれ変わるそうだ。
チケットカウンターのあるメインホールは、「サントリーミドリエ」×「東信」、「蔦屋書店」が出店し、住まいをテーマにした3000冊の書籍が並ぶ。
housevision2013

会場全景・©HOUSE VISION


 
housevision2013

会場風景・©HOUSE VISION photos by Nacasa & Partners Inc.


 
housevision2013

会場風景


 

housevision2013

会場メインホールの蔦屋書店


 
housevision2013

会場夜景 ©HOUSE VISION photos by Nacasa & Partners Inc.


 
次ページから順に7つの提案をご紹介します。

©Mar.2013 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.