海外の彼からのプロポーズ

その当時超遠距離恋愛をしていました。
今のようにスカイプもなく、チャットもなく、ネットも常時定額接続(早朝深夜)。
携帯電話が普及しだしたころのお話。

エアメールを書くか、携帯のSMS。
時差と時計を気にしながら、電話をするのがやっとでした。

非現実的すぎて恋に変するぐらいの感じだったのですが、
距離がある分、あちらはヒートアップするばかり。
障害があると人間って燃えるんですよね。

夜おそく、ひとしきり話をした後、寂しいとか、
今度いつ会えるかという話をしていた時に突然、

Will you marry me?

といわれて、一瞬なんのことかわからず
「Sorry?」と聞き返してしまいました。

後日、改めて会った時に彼の部屋で正式なあちら式のプロポーズ。
指輪を用意して片膝をついてひざまずいて、
手を握って、じっと目をみつめて、
もう一度いってくれました。
(どんな困難な時でも私は永遠に貴方を愛し続けることを約束します的なことを
言っていた気がします)

婚約まではしましたが、双方の事情でうまくいかなくなり結婚はしませんでした。
彼とは今でもいいお友達で、私の大事な身内であり、応援してくれる人でもあります。

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。