【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

プロポーズの言葉はシンプルかつ丁寧に

付き合って3年程度の記念日に出かけた旅行先。
海や山で存分に二人の時間を共有した後、ホテルに戻って
ソファに座り『楽しかったねー! また来ようね!』
などと笑顔で話し合う。

そして、突然彼が急に真顔になる。
どうしたの、と聞く前に、彼が、
「大事な話があるんだ……」
といい、こちらに向き直る。

その真剣な表情に見つめられて身動きが取れないまま、
そして優しく抱きしめられながら、
「結婚してください」
とささやかれる。


という感じ。

タイミングとしては付き合って3年経ったころ。「ちゃんと付き合った」と呼べる期間のがこのくらいからかなと思うので。

周りに人がいるシチュエーションでは恥ずかしくて恥ずかしくて。
ですので、旅行先のホテルなど、他に人のいない「非日常の空間」がいいです。

また、その直前は「このひととなら一緒に生きていける」と思わせられる、楽しい出来事があるといいので、旅行先とプランはしっかり吟味されていて。

そして、プロポーズの言葉はシンプルかつ丁寧に。抱きしめられながら言われると、じわぁっとその言葉が心に染みてくる気がします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。