海響館ならでは、数百種の「フク」の展示

 

 


本州の南の端っこにある山口県下関市。2001年に開業した水族館は『海響館』と呼ばれ、『壇ノ浦の戦い』で知られている関門海峡が望める、歴史的にも魅力的な場所にあります。

水族館はとてもモダンで、2010年には見所のひとつであるペンギン村もオープンし、世界最大級だという水槽に多数のペンギンたちを見ることができます。外にも出られるので、陸と水内の生態が見られます。トンネルのようになっていて、飛ぶように泳ぐペンギンたちも見ることができます。ペンギン村では飼育エリアに入って体験できる学習プログラム(人数制限あり)などがあるらしいので、お子さん連れの方は特に面白いかもしれません。

 

 

この水族館ならではだと思うのが世界からやってきた100種類以上「フク」(下関ではフグを「福」にかけてフクと呼ぶ人も多いのです)を展示している点です。箱フグなど、小さな尾ひれをばたつかせている様子をどうしても写真に撮ろうと水槽前に立ち止まっている人もちらほらいます。

また2階にいるスナメリのかわいらしさには釘付けになってしまいます。スナメリが口から出す空気の輪「バブルリング」は見ると幸せになれると言うジンクスのようなものがあるらしく、見たい方は「スナメリのプレイングタイム」をチェックしてからの入館がおすすめです。運がよければ、スナメリが水槽の壁によってきて見せてくれることもあります!

 

 

イルカやアシカが魅せる宮本武蔵と佐々木小次郎による巌流島の戦いをテーマにしたショーはとても楽しく、大人でも十分入り込んでみてしまうほどです。

水族館のあとには行きにくい…かもしれませんが、すぐ近くの唐戸市場に出かけてランチも可能です。下関観光にはぜひおすすめのスポットです。

■下関市立しものせき水族館 海響館
住所:山口県下関市あるかぽーと6番1号
電話番号:083-228-1100 (9:00~18:00)
開館時間: 9:30-17:30(最終入館 17:00)
入場料:大人2000円、小中学生900円、幼児400円
アクセス:JR下関駅からバスで約7分
HP:http://www.kaikyokan.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。