最近はインターネットで不動産を探すのが普通になってきました。


まずは不動産屋さんの情報から

 マンションや一戸建てを購入するとき、物件探しは不動産屋さんの物件情報に頼る場合がほとんど。

 不動産屋さんにもいろいろありますが、売買契約の仲介ができるのは、「宅地建物取引業者」、いわゆる「宅建業者」と言われる業者で、国土交通大臣か、都道府県知事による免許が必要とされています。

 宅建業者の評判は、最近はウェブサイトでの口コミなどでも得ることができますが、たとえば東京都都市整備局のサイトには、宅建業者が検索できる頁があり、登録業者であるかどうか、その業者が行政処分を受けたことがあるか、などの情報を得ることができます。

東京都都市整備局の宅建業者検索情報

 ウェブサイトや雑誌、町の不動産屋さんで物件を見つけたとき、その業者がきちんと免許を受けている宅建業者かどうか、というのは、まずは、第1のチェックポイントですね。

一緒に物件探し! ここまではタダ?

 お客さんの気に入った物件があれば、次は実際にその物件を現地に見に行く、もしもその物件がもう売れてしまっていたときには、似たような物件を紹介する、宅建業者はそのようにして、媒介契約締結に向けて努力をしていきます。

 買主が宅建業者との媒介契約を締結するのは、具体的に購入物件が決まってから、という場合が多いので、そのように物件をいろいろと探している段階で、媒介契約を締結する、ということは、あまりないようです。

 逆に言えば、その段階で、媒介契約を締結させようとする業者というのは、それ以降の契約の進め方も強引である可能性あり! 「あれっ? 少し強引かな?」と思ったら、あっさりと他の業者に乗り換えてしまう方が良いかも。

 こうして、買いたい物件が固まってくれば、宅建業者が、売主サイドとの事前交渉を行い、実際に売買契約の締結ができそうな段階までくると、いよいよ媒介契約が締結されることになります。
 
こうして、宅建業者との間で結ぶ媒介契約、この契約の意味するところは? いつ、いくらお金を払うことになるのでしょうか?