丈夫で容量バッチリのビジネスバッグ「ヴェンガー」

 

 

 

 

スイス軍にナイフを納入していた会社として、ビクトリノックスと並んで有名なブランド「ヴェンガー」。機能やサイズなど、ビクトリノックスと少しずつ違うナイフを1893年から提供してきたこちらのブランドは、ビクトリノックスに吸収合併された現在もブランド名は残されているため、現在もナイフブランドとして名が通っています。

ただヴェンガーのブランドをヨーロッパで見るのはナイフだけではありません。日常で一番よく見かけるのが、ビジネスマンの方が使用している通勤用バックパックです。朝のラッシュに自分の前を行く人のカバンの多く(特に男性の)がヴェンガーだということも少なくありません。

容量がかなりあるので、見た目が大きく女性には少し大きすぎる印象がありますが、それでもビジネスウーマンが背負って通勤するのも見たことがあるので、決してその機能や背負い心地が悪いと言うことはないのだと思います。

ヴェンガーのカバンは、基本的にデザインがシンプルで色もスタンダードな黒をもとに、バックパックのみベースが黒のバックパックに、部分的にモスグリーンとダークブルーが使用されているくらいです。女性使用としては少し華やかさに欠けるかもしれませんが、ビジネスシーンで使用するバックパックであることを考えれば当然なデザインともいえます。

ポケットなどの仕切りが多く、「バッグ・イン・バッグ」も不要です。また数日の出張などにも最適なサイズだと思います。

デザインがスタンダードなので「お店で買わないと気に入るのがないかもしれない」と言う不安やストレスも少ないと思います。空港でも売られているヴェンガーのカバン。古いカバンにさよならをして、買い換えて飛行機に乗り込む人もいるとのことなので、最後のスイスのお土産として検討されるのもよいかもしれません。

<DATA>
■Wenger(ヴェンガー)
ホームページ(日本):Wenger
※空港また各専門店など、取り扱い店舗は多数あります。
ホームページ(スイス):Wenger

※このデータは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。