旧市街通りの両側は中世から続くアーケード

 

 

Bern(ベルン)の旧市街はユネスコ世界遺産に登録されています。スイスに来たらぜひ見ておきたい美しい中世の街並みです。

中世の12世紀、ゆったりと流れるアーレ川に囲まれた丘の上に創設され、美しい街づくりで有名だったツェーリンゲン家によって都市計画が築かれました。

中央駅から旧市街に向かうと、美しい石畳の街並みになります。見どころの時計塔を見たら、熊公園の方向まで歩いてみましょう。

旧市街通りの両側は中世から続くアーケードになっています。オシャレな店やカフェ、レストランやギャラリーが素敵。雨に濡れないでショッピングが出来るのもうれしいですね。ウィンドーショッピングをしているだけでも楽しくなります。

時計塔のあるメインストリートには、一定の間隔で噴水が建てられています。
どれも16~17世紀のもので、中世の装飾がとても素敵。ベルンのシンボルである、熊の噴水もあります。

旧市街の散策に疲れたら、アーケードのカフェでゆったり休憩。中世の街並みに囲まれた景色は、どこを見ても美しい絵ハガキのようです。

ベルンの街全体を眺めたい時は、熊公園からがおススメ。時計塔近くの連邦議会にある見晴らし台ブンデステラッセ(Bundesterrasse)からは、アルプスの白い山並みを背景にアーレ川が横切る、絵ハガキと同じベルンの風景が楽しめます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。