日本で許可されている成分しか入っていない安全な風邪薬

 

 レムシップ

スーパードラッグやブーツ等、大型ドラッグストアの存在が目立つイギリス。海外のドラッグストアめぐりは楽しく、見慣れないパッケージの商品は見て回るだけでもワクワクしますが、お薬は成分や用途がわかりにくいので、実際に買うべきかどうかは迷ってしまいます。
 

 大型ドラッグストア「ブーツ」


ドラッグストアで買えるお薬でおすすめしたいのは、イギリスで大人気の風邪薬、レムシップ。
レムシップは、一回分ずつ小分けになった粉薬を、マグカップ1杯のお湯にとかして飲む、ホットレモンタイプの風邪薬。甘酸っぱいレモン風味がお薬の割にはそこそこおいしく、体を温めるダブル効果のためか、風邪の症状をよく和らげてくれるすぐれものです。

主成分はアセトアミノフェンなので、よくある日本の風邪薬と同じ。配合は日本の一般的なお薬よりずっとシンプルで、日本で許可されている成分しか入っていないので、安全面も問題なしです。

風邪薬は寒い季節の必需品なので、もらって困る人はいないはず。海外仕様のパッケージに入った実用品は、性別も年齢も選ばず、もし余っても自分で使えるので、お土産忘れの非常用として買っておくのも手です。

イギリスはお薬の大量買いはできないので、買えるのは一度に2箱まで。もちろん、お薬なので、容量と用法を守って使用します。レムシップは、12歳以上が対象のお薬です。

■LEMSIP
購入可能場所:イギリス国内のドラッグストア、大手スーパー等
住所:Boots Bond Street; 361 Oxford Street, London, W1C 2JL
値段:10包み入り 約£4
HP:www.lemsip.co.uk/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。